七五三で母親の着物はどうする?シーンにあった着物の選び方

季節の行事
スポンサーリンク

七五三、お子さんの成長の節目をお祝いする行事ですね^^

特に、お子さんが着物や袴を着てお参りにお出かけをするとなった場合、お母様の服装で着物を選ばれる方も多いかと思います。

私も、普段は着物を着ることはありませんが、娘たちの七五三の時には着物を着ました。そして、その時に初めて”着物にはそれぞれのシチュエーションに合った種類がある”ということを知りました。

普段着物を着ていないと、どの着物を選べばいいのかわかりませんよね^^;

今回は、七五三で母親はどんな着物を選べばいいのか?を徹底調査しました。着物のおすすめレンタルショップもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

七五三で着ることができる母親の着物の種類

着物には『格』というものがあり、七五三で母親が着ることができる着物の種類は決まっています。今は身内だけで七五三のお参りをされる方も増えていますが、見る人は見ています。

せっかくの晴れの日ですから、七五三に相応しい装いでお出かけしましょう^^

  • 訪問着
  • 付け下げ
  • 色無地
  • 江戸小紋

訪問着

訪問着は、着物の中の格では、黒留袖、色留袖の次に当たる”準礼装”にあたります。

黒留袖や色留袖のほうが着物の「格」が上なら、そっちのほうがいいんじゃない?と思いますが、七五三の主役はあくまで子供。

母親が黒留袖や色留袖を着てしまうと、子供よりも格上になってしまうんです。七五三の日は、お母様は主役となる子供の引き立て役になりましょう。

お宮参り・入学式・卒業式などでも、お母様の着物として着ることができます。

付け下げ

訪問着に比べて、柄が少なく落ち着いた印象の付け下げ。訪問着よりも、少し格が下がりますが、十分に七五三向きです。

シンプルなものが多いので、色味が暗くなりすぎないよう、品の良い柄のものを選ばれるといいですね。

色無地

色無地は、着物の生地を一色で染め上げて仕立てた式服です。

入れる紋の数や帯で格を変えることができるので、幅いろい場面で着ることができます。

七五三の場では、暗くなりすぎない色を選び、紋は1つか入れずに着ます。紋が3つ入ると、格式の高い着物になります。

江戸小紋

小紋は、遠目で見ると無地に見えますが、近くでよく見ると極小の模様が入った着物です。

普通、小紋ですとカジュアルに、お稽古事や街着として着る着物になりますが、江戸小紋となるとちょっと異なります。

江戸小紋は、小紋でありながら色無地と同格になり、七五三といった行事にも着用することができます。

七五三で母親の着物はどうする?のまとめ


七五三でお母様が着ることができる着物の種類、きちんと知ることができたでしょうか?

七五三でき着ることができる着物は、「訪問着」「付け下げ」「色無地」「江戸小紋」です。

お手持ちの着物があれば、着物が分かる方に相談してみるといいですね。お近くにいらっしゃらないようでしたら、ご近所の呉服店で相談してみましょう。

またレンタルの場合でしたら、七五三の付き添いで着るということを伝えれば、お店の方がそれに合った着物を提案してくださいます。

七五三の主役は子供です。あくまでも母親は付き添いの立場で、子供の晴れ姿をそっと引き立ててあげましょう。

そうすれば、自然とお母様の着物姿も上品になりますよ^^

コメント