えのきだけで疲労回復できる!ニンニクと合わせて効果アップも!

健康
スポンサーリンク

「えのき」の旬は11月~1月にかけて。とはいえ、今はスーパーで1年中手に入る常備野菜とも言えますね。

しかも、えのきって白くてひょろっとしていて、私なんてお鍋以外に使うイメージがないんですが・・・

なんと!

きのこの中では生産量が第一位なんですよ。

そんなえのきなんですが、実は「疲労回復」にも効果があるきのこであるということが分かっています。

今日は、えのきの注目すべき栄養素や効能・効果、そしてえのきを使った脂肪燃焼レシピなどを徹底的に調べてみました!

1月15日「この差って何★インフル予防にはどれ?舞茸しいたけエノキ…きのこの差に生瀬仰天SP」で放送予定です。

スポンサーリンク

えのきの疲労回復効果

疲労回復に効果的なビタミンB群が豊富

白くてひょろっこい見た目からは想像しにくいですが、えのきは疲労回復におすすめの食材です。

  • ビタミンB1
  • 特に、ビタミンB1は100gあたり0.24mgと、きのこ類の中でもトップクラスの含有量です。

    ビタミンB1の役割は、糖質をエネルギーに変えること。

    代謝の促進や疲労物質の除去や、脳と神経を正常に働かせたりする役割があります。

    ビタミンB1が体内で不足すると、疲労感や倦怠感を感じやすくなります。

  • ビタミンB2
  • 細胞の再生やお肌を内部から保護する

  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • 細胞でエネルギーを作るときに働く酵素を補助する働き。
    皮膚や粘膜の健康維持を助ける

  • パントテン酸(ビタミンB5)
  • 様々な食品にも含まれていて、たんぱく質、脂質、炭水化物の代謝や抗ストレスホルモンの分泌に関係している。

    不足することはめったにありませんが、不足すると疲労や倦怠感、ストレスに対応できずに風邪をひきやすくなったりする。

    糖質、脂質、たんぱく質から、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助する不可欠な働き。

 
えのきには、ビタミンB群が豊富に含まれているんですが、中でも糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、タンパク質や脂質の代謝に関わるビタミンB2が多く含まれています。

ビタミンB群が多く含まれていることで、体内に入ってきた栄養が効率よくエネルギーに変えられて消費されます。
新陳代謝がよくなるんですね。

新陳代謝が良くなると、血流も良くなり、体にたまっていた疲れの原因ともなる老廃物を体外へ排出するようになるため、疲労回復効果につながるというわけです^^

えのきで効果的に疲労回復する食べ方は?

水に流れやすく、熱に強い

えのきに含まれる疲労回復に効果のあるビタミンB群は、熱には強いのですが、水に流れやすいという性質があります。

ですから、調理前にえのきを洗ったりしてしまうと、せっかくの栄養素も流れ出てしまう可能性があります。

また、鍋やスープなどでえのきを入れた場合も、汁にえのきの栄養が流れ出てしまっているので汁ごと飲むことが大事です。

そんな熱に強く、水に流れやすいえのきのおすすめの調理法としては、「電子レンジを活用」することです。

電子レンジでの調理だったら、大事な栄養が水に流れ出てしまう心配はないですよ。

レンジで簡単♪えのきポン酢

【材料】

  • えのき1袋
  • ポン酢 適量
  • おかか 好きなだけ
  • 刻みねぎ 好きなだけ

【作り方】

  1. いしづきを切り落として、束を崩さないように気をつけて洗う
  2. レンジで温め機能スイッチポンして、ポン酢とおかかをかける
  3. あれば、ねぎを散らす

Cpicon レンジで簡単♪えのきポン酢 by Misato_E

ニンニクとえのきで栄養効果アップ!

にんにくとえのきは、疲労回復効果にとっても相性のいい食材なんです。

ビタミンB群の特徴は、複数のビタミンがお互いに助け合って高い効果を発揮することです。
ですから、他の食材と一緒に食べることで相乗効果が期待できます。

中でもおすすめは『にんにく』

にんにくには、もともと疲労回復や滋養強壮効果がありますが、
にんにくのにおいのもとになっている「アリシン」という物質にビタミンB1の吸収を助ける効果があるんです。

にんにくのアリシンが、えのきだけのビタミンB1の吸収をよくして、さらに疲労回復効果をアップさせてくれます。

えのき大量消費!えのきのガーリック炒め

【材料】

  • えのき茸 1束
  • にんにく ひとかけ
  • 塩コショウ お好み
  • オリーブオイル 大さじ1
  • レモン汁 少々

【作り方】

  1. えのきを1cmくらいに切る
  2. オリーブオイルを温めたらえのき、塩コショウ、すりおろしたニンニクを入れる。
  3. 水気がなくなり、焼き色が付くまで炒める。
  4. レモン汁をかけて出来上がり★!

Cpicon えのき大量消費!えのきのガーリック炒め by NaaTsuu

このレシピだったら、にんにく×えのきで疲労回復効果アップ間違いないですね!

豚肉とえのきの組み合わせもおすすめ

豚肉は、ビタミンB群を豊富に含んでいて疲労回復には代表的な食品ですよね。

そんな豚肉とえのきは、調理しやすい組み合わせです。

にんにくのように、ビタミンB群の吸収をアップさせるのではなく、ビタミンB群にさらにビタミンB群をのせてお互いに助け合って高い効果を発揮してくれます。

超簡単♡えのき&豚肉のサッパリ蒸し♪

【材料】

  • 豚もも薄切り肉 200g
  • えのき(大)2袋
  • 大根 100g
  • 酒 大さじ1
  • 塩 胡椒各少々
  • ポン酢 適量
  • 七味唐辛子(お好みで) 適量
  • ドライわけぎ(青ネギの小口切りでもOK)適量

【作り方】

  1. えのきは根本を切り落とし ほぐしておく。豚肉は塩 胡椒をふり揉み込んでおく。大根は鬼おろしでおろしておく。
  2. シリコンスチーマーに えのき1/3→豚肉1/2→えのき1/3→豚肉1/2→えのき1/3の順に敷き詰め(豚肉は広げてね)
  3. 酒をふり蓋をしてレンジで5分加熱し 取り出して全体を混ぜ蓋をしてレンジで3分加熱する。
  4. 器によそって大根おろしを軽く搾ってのせ ドライわけぎと七味唐辛子をふって ゆずの蔵をかけて出来上がり(^O^)

Cpicon 超簡単♡えのき&豚肉のサッパリ蒸し♪ by 弓張り月

レンジ調理で簡単♪そして栄養価も逃がしません!

えのきの保存方法

きのこ類って、買って冷蔵庫に入れて忘れてしまうこと多いです><
水分があるので、すぐに袋の中に水滴がついてしまったりもしますよね。

おすすめの保存方法は、「干しえのき」にすること!

天日干しにしたえのきは、アミノ酸の含有量が約13倍にもなるそうで、うま味パワーがパワーアップします。

また、えのきにはエノキタケリノール酸という、えのき独自の栄養があるんですが、
これが内臓脂肪を減らす効果があるんです。

しかも、干すとエノキタケリノール酸が活発に動いて、さらに内臓脂肪を減らす効果をアップさせてくれます。

ただのえのきが、干すことでスーパーダイエット食品になるんです^^

干しえのきの作り方

【材料】

  • えのき 好きなだけ

【作り方】

  1. えのきは石づき側を切り落とし少しずつ手で裂いてバラしてザル等に放置。
  2. 途中でえのきを返して裏表を反対に。重なると水分が抜けにくいので ほぐしてみて下さい。
  3. 完成♪

Cpicon 【ズボラで美味】旨み詰まった♡干しえのき by ちゃぐ家

えのきだけで疲労回復できる!ニンニクと合わせて効果アップも!のまとめ

今まで、鍋のわき役的な存在だったえのきですが、疲労回復に効果抜群だということがわかりましたね!

男性よりも女性が疲れを感じていることが多く、さらに40代が一番疲れを感じている世代なんだそうです。
特に、女性の10人に9人が何らかの疲れを感じていると訴えているんだそう・・・。

私も口癖のように「疲れた~、疲れた~」って言ってるかも。

仕事に育児、人間関係とストレスもたまりがちですから、おいしいえのき料理を食べて疲労回復しましょう^^

コメント