冬バテ解消にはイチゴが効果あり!最強ビタミンCで突然死を防ぐ!

健康
スポンサーリンク

夏バテ、は聞いたことありますが、「冬バテ」は初耳でした。

でも、夏バテより冬バテのほうが突然死を引き起こしたりして、危険なんですって・・・。

しかも今、その冬バテが急増しているという(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

しかしご安心を。なんとイチゴのビタミンCが冬バテに効果があることがわかっています。

今日は、冬バテとは何か?そしてイチゴの最強ビタミンCが冬バテにどんな効果があるのか、などを調べましたのでご紹介します!

スポンサーリンク

冬バテとはどんな症状?

冬バテの主な症状

夏バテといえば、”体がダルイ”とか”食欲がない”といった症状ですが、実は冬バテにも、代表的な症状があります。

  • 朝、起きるのがツライ
  • 疲労感が残り、1日中だるい
  • 集中力や意欲が低下して、イライラしやすい
  • 肩こり、腰痛、頭痛がある
  • 風邪をひきやすかったり、治りが悪い
  • 寝つきが悪い、眠りが浅い

こんな症状があったら、要注意です。
もしかしたら冬バテかもしれません。

冬バテの原因

気温差

冬バテの原因は、気温の差。

もちろん、夏バテも気温の差が原因なんですが、冬は1年の中で一番気温差が大きい季節なので冬バテになる人が多くなりやすいんです。

そして、夏バテと冬バテの大きな違いは「血管にダメージがあるか、ないか」ということ。

血管は寒いと収縮し、その状態が続くと血行が悪くなるため、肩こりや腰痛、手足の冷えといった症状を引き起こします。

さらに、血行が悪いことで血圧が高くなり、心臓や頭の血管への影響が心配されるんです。突然死の原因ですね。

また、温度差が3℃で咳をしやすくなり、10℃になると熱もなく風邪をひいた感じではないのにくしゃみや鼻水が出るといった症状の「寒暖差アレルギー」もみられるようになります。

冬型ビタミン欠乏症

もう一つ、冬バテの原因としてあげられるのが「ビタミン不足」です。

ビタミン不足による栄養失調の状態で、栄養をしっかり摂って運動を心がけていても、冬バテの症状を起こしている人には、冬型ビタミン欠乏症の可能性が高いといえます。

年末年始の飲酒でアルコールを体内で分解するためにビタミンが多く使われてしまったり、冬の日照時間が短く、本来であれば日光浴をすることで作られるビタミンDも作られにくくなったりということがあります。

冬バテの症状や原因を見ただけでも、深刻になりやすいことがわかりますね。



イチゴのビタミンCが冬バテ解消に効果ある理由

冬バテには、まずビタミンの補給が第一です!

特にビタミンCは食べ物から摂取しなければならないのですが、この時期に手に入りやすく手軽に食べることができるのが、果物の中でトップクラスの含有量といわれている「イチゴ」です。

イチゴ1粒には、10mgのビタミンCが含まれています。これはなんとレモンの約半分と同じです。

大人が1日に必要なビタミンCの量は100mg弱ですから、1日にイチゴを10粒食べればビタミンC不足が解消できます。

春先だと、キウイフルーツが旬になってきます。キウイフルーツもビタミンCが豊富なフルーツなのでおすすめです^^

フルーツを食べるときは、そのまま食べてもいいのですが、フルーツヨーグルトなどにして食べるとビタミンの他にもミネラルといった他の栄養素も摂取することができます。

抗酸化作用

ビタミンCには、抗酸化作用があります。

体内で発生した活性酸素は、老化の原因や、疲労の原因にもなります。

冬バテの疲労感を取り除くにも、ビタミンCの作用は効果があるといえます。

免疫機能を高める

冬バテになると、風邪をひきやすくなったり、治りにくくなったりしますが、ビタミンCにはウイルスに対する免疫力をアップさせる効果が期待できます。

風邪の予防にもビタミンCはおすすめです。

その他の冬バテ予防法は?

ビタミンCを摂る以外にも、

  • 首のうしろを温めて体温を上げる
  • こまめな水分補給

などを心がけましょう。

首の後ろを温めて体温アップ

首には、太い血管がたくさん集まっています。さらには、副交感神経も通っているので、首が冷えると体温が下がり免疫力がさがったり、肩こり頭痛、そして自律神経にも影響がでます。

この首を温めてあげると、体感温度が3~4度もアップするんだそうです。

家にいるときにホットタオルで首をあたためたり、外出時にはストールやマフラーを巻いてあげるようにしましょう。

たくさんの血液が通る首を温めてあげれば、効率よく全身に温かい血液が流れていき、新陳代謝がよくなり体温もあがります。

体温が上がることで免疫力もアップし、冬バテ解消にもつながります。

こまめな水分補給

冬は、汗をかきにくいので水分をとらなくなりがちです。

でも、寒暖の差での体温調整やエアコンなどで知らないうちに乾燥し、水分不足になっています。

体内の水分量が減ると、体に老廃物が溜まってしまい、疲労や病気の原因になります。

水ではなく、温かいお茶などでもいいのでこまめに水分を補給することを意識することが大切です。

お茶にしょうがをちょっと入れると、体もポカポカと温まり代謝も良くなります。

生姜緑茶に血糖値を下げる効果!作り方は?ダイエット効果にも

まとめ

夏バテよりも冬バテのほうがなりやすいということですから、知らず知らずのうちに私も冬バテになっていたかもしれません。

冬になると体の不調が起こりやすい、という方は冬バテを疑ってみましょう。

冬バテの解消には、ビタミンC、体温調整、水分補給、がポイントです。そんなに難しいことではないので、毎日の生活に取り入れて実践していきましょう!

コメント