イチゴ酢でダイエット効果!作り方や保存方法、痩せる飲み方など

健康
スポンサーリンク

イチゴを酢につけた「イチゴ酢」にダイエット効果があるのをご存知ですか?

1週間食べ続けて、ウエスト-8cmなんていう結果も(/・ω・)/

お正月太りがまだ解消できていないというそこのあなた!

卒業式や入学式で手持ちのスーツがパンパンで入らないかもというあなた!(それ、私!!)

旬のイチゴを使ったイチゴ酢でダイエット始めませんか?

今日は、イチゴ酢のダイエット効果や栄養、さらにはイチゴ酢の作り方などをご紹介します。

2月5日放送の「教えてもらう前と後」で【正解!冬の朝食SP★イチゴ(秘)健康パワー★高級食パン】が放送予定です。

スポンサーリンク

イチゴ酢のダイエット効果は?

もともと「お酢」だけでもダイエット効果が高いのですが、実はイチゴにもダイエット効果を期待できる栄養素があるんですよ~☆

イチゴ酢は、お酢といちごの相乗効果でダイエット効果のアップが期待できます。

では、そのダイエット効果のある栄養素についてチェックしてみましょう!

ビタミンCが若返りホルモンDHEAの分泌を助ける

イチゴのビタミンCには、抗酸化作用があります。

体内の脂肪は酸化すると、がんや老化・動脈硬化などを引き起こす原因になります。

イチゴのビタミンCには、体内の脂肪の酸化を防ぎ、さらに代謝を促す効果が期待できるんです。

また、体のあらゆる細胞を活性化させるホルモン「DHEA」が副腎から分泌されています。このDHEAの分泌を促進させる効果がビタミンCにあることが分かっています。

DHEAが増えると、筋肉細胞の働きも活発になり自然と代謝が良くなり痩せやすい体になります。

また副腎からは、ダイエット中にストレス(食事制限や運動の疲れなど)を受けたとき、代謝にストップをかけるホルモン物質「コチゾール」が排出されます。

ビタミンCはこのコチゾールを減らしてくれることも分かっています。

細胞を活性化させるホルモンの分泌を増やし、代謝にブレーキをかけるホルモンは減らす、というダイエットにとっても嬉しい効果をビタミンCはフォローしてくれているんですね。

ポリフェノールで内臓脂肪蓄積を防ぐ

イチゴに含まれるポリフェノールの1種「アントシアニン」には、内臓脂肪を溜まるのを抑制する働きがあることが分かっています。

内臓脂肪は、一度ついてしまうとなかなか分解できない厄介物です。まずは溜めないようにすることが第一。

よく、メタボリック・シンドローム(通称:メタボ)なんて言われますが、ただお腹周りが太っていることを言うのではなく、内臓脂肪の増加のことをさします。

イチゴを食べることで、内臓脂肪を溜めにくくして体重の増加を抑えることができます。



バランスGOODな食物繊維

イチゴには、食物繊維がバランスよく含まれています。

食物繊維がバランス良く・・・というのは、水に溶けにくい食物繊維「不溶性食物繊維」と水に溶けやすい「水溶性食物繊維」が2:1の割合だと便秘解消&デトックス効果がアップします。

バナナの場合、1本(150gあたり)不溶性食物繊維1g:水溶性食物繊維0.1g
イチゴの場合、1個(20gあたり)不溶性食物繊維0.9g:水溶性食物繊維0.5g

バナナとイチゴのグラム数が同じでないのでわかりにくいかもしれませんが、100gあたりにするとイチゴの食物繊維のほうが断然多いんですね!

そして、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の比も、バナナはほとんど不溶性食物繊維なのに対して、イチゴはほぼ2:1の黄金比になっています。

便秘を解消することで腸がきれいになり、腸がきれいになると代謝もアップします。ダイエットは栄養の偏りから便秘になりやすいですから、イチゴはダイエット中の便秘防止にも効果的です。

お酢のダイエット効果は実証済み

お酢を飲むとダイエット効果があることは、すでに科学的にも実証されています。

お酢の有名メーカーでもある「ミツカン」のホームページを見ると、

毎日の大さじ一杯(約15ml)の食酢が、肥満気味の方の内臓脂肪の減少や、高めの血圧や血糖値上昇の緩和などに働くことが証明されています。

と記載されています。

さっきイチゴには「内臓脂肪を溜め込まない効果」があるとお伝えしましたが、お酢には溜まってしまった内臓脂肪を減少させる働きがあるんです。

「イチゴ酢」だとこの効果を同時に摂取することができますよね^^

クエン酸に脂肪を燃やす効果

お酢にはクエン酸が含まれています。

クエン酸には脂肪燃焼を促す働きがあるほか、内臓の動きを活発にして全身の代謝をアップさせる効果も期待できます。

アミノ酸で代謝であげる

たんぱく質が分解された形の「アミノ酸」は、筋肉を作って代謝を上げるために重要な栄養素です。たんぱく質が分解されているアミノ酸だと、体内への吸収効果が高く即効性も期待できます。

アミノ酸はお酢の種類によって異なり、アミノ酸を多く含むお酢は主に「黒酢」「もろみ酢」「香酢」などです。

よりダイエット効果をアップさせるには、アミノ酸の多く含んだお酢を利用するのがおすすめです。

2月5日放送の「教えてもらう前と後」では、元宝塚ジェンヌの遼河はるひさんが実際にイチゴ酢を1週間食べ続けたところ、ウエストが-8cmという結果がでました。

※詳細については、放送後追記しますね!



イチゴ酢の作り方

【材料】

  • イチゴ 6~7個(300gくらい)
  • お好みのお酢 300g
  • 氷砂糖 150g

基本の分量としては、イチゴ1:お酢1:砂糖0.5といった感じで。ちょっと甘み抑えめの分量なので、もう少し甘めがいい方は、お砂糖の量を増やして調整してみてくださいね^^

【作り方】

  1. イチゴ酢を入れる瓶は、熱湯消毒をしてよく乾燥させておく
  2. いちごを洗って、水分をよく取る
  3. 瓶にイチゴ、氷砂糖、お酢を入れて蓋をしめる
  4. たまに天地をひっくり返し、1週間ほどで出来上がり!

イチゴ酢のイチゴは生より冷凍がおすすめ

ミツカンのホームページを見てみると、『「冷凍」と「生」の果物をお酢に漬け込んだ実験結果』なんていうページがあります。

実験の概要としては、【漬け込んだ果物などの素材が「生」と「冷凍」で溶出成分や外観の変化に違いがあるかを検証】ということで、

  • りんご酢 (200ml)+ 生いちご (100g)+ 氷砂糖( 100g )
  • りんご酢( 200ml ) + 冷凍いちご( 100g ) + 氷砂糖( 100g )

の2つのサンプルで比較。

見た目の色や、溶けだしたポリフェノールの量などを比較していました。

見た目に関しては、冷凍のほうが色が濃くなるのは早かったですが、48時間後にはほぼ変わらない濃さになりました。

注目は、溶けだしたポリフェノールの量です。

生のイチゴを漬け込んだ「イチゴ酢」よりもポリフェノールが200ppm溶けだしたのに対して、冷凍したイチゴを漬け込んだ「イチゴ酢」は42時間後300ppm、その量は1.5倍でした!

とくにイチゴは旬のある果物で、夏には一度スーパーから姿を消します。(うちの子が夏生まれなので、イチゴがなくてケーキを作るときに困るんです^^;)

旬のイチゴを冷凍しておけば、夏でもイチゴ酢を作ることができますね♪

手作りイチゴ酢の保存方法

イチゴ酢が出来上がったら、中のイチゴを取り除きます。

イチゴを取り除けば、冷蔵保存で約1ヶ月保存がききます。

イチゴ酢のダイエットに効果的な食べ方・飲み方

せっかくのイチゴ酢のダイエット効果をしっかり摂るための食べ方や飲み方をご紹介します!

1日大さじ1杯のイチゴ酢を飲む

イチゴ酢は、毎日大さじ1杯飲むのが効果的。

お水や牛乳などに薄めて飲みます。原液のまま飲むのは、胃にとっても危険ですので、必ず薄めて飲むようにしましょう!

イチゴ酢は空腹時に飲むのは✕、食後に飲む

食べて体内に入った脂肪をエネルギーに変えてくれる効果があるので、イチゴ酢は食後に飲むのがおすすめです。

1日大さじ1杯分のイチゴ酢を3回に分けて毎食後飲んでも、いっぺんに飲んでもどちらでもOKです。

ただし、食前に飲むことは避けましょう。

空腹時のお酢は、胃腸には刺激が強すぎます。胃痛を起こしたりする原因になるので注意です。

運動の前後にイチゴ酢で代謝をアップ

お酢に含まれるクエン酸とアミノ酸で、脂肪燃焼や筋肉増加の効果が期待できますよね。

運動前や運動後にイチゴ酢を飲むことで、新陳代謝を活発にして脂肪燃焼やカロリーの消費をアップさせる効果が期待できます。

イチゴ酢の通販情報

イチゴ酢を手作りするのはちょっと面倒だという方に、市販のイチゴ酢をご紹介します。

まとめ

イチゴ酢は、イチゴのビタミンCやポリフェノール、そしてお酢のクエン酸やアミノ酸を合わせた相乗効果によって、ダイエットに効果が期待できることがわかりましたね。

たった大さじ1杯のイチゴ酢を、毎日摂取するだけでいいのでダイエットのハードルは低そうです。

1週間でウエスト-8cmはなんとも魅力的。ぜひ試してみたいですね!

冬バテ解消にはイチゴが効果あり!最強ビタミンCで突然死を防ぐ!
夏バテのように冬バテもあるってご存知でしたか?冬の疲労感が取れない、朝起きれない、睡眠が浅い、肩こりや腰痛、といった症状は冬バテかもしれません。でもご安心を。冬バテはイチゴのビタミンCで解消できますよ!
酢ベジの作り方と実践方法!期待できる効果は?合わせ酢の作り方も紹介!
今話題の「酢ベジ」の作り方や、酢ベジ生活の実践方法。酢ベジに必要な「合わせ酢」の作り方や、お酢に合わせやすい野菜を使ったレシピも一部紹介しています。ダイエットや血圧サラサラ効果も期待できる酢ベジを今すぐ始めましょう!

コメント