イワシ缶が薄毛予防に効果!抜け毛や白髪にもEPAで血管若返りへ

健康
スポンサーリンク

薄毛が気になるのは、男性だけではありません。女性だって気になります。

薄毛って徐々に髪の毛が抜けていくので、ある日ふとした時に「ん?この辺頭皮がやたら見えるんだけど?」と気になり始めますよね。

そうなる前に、普段から予防しておくのが一番です!

なんと、サバ缶がブームな今ですが、実は薄毛に効果があるのがイワシなんです。

今、薄毛が気になる方でもイワシを食べ続けることでフサフサ効果が期待できるかも?ということで、今日は、イワシ缶の何が薄毛予防に効果があるのか?注目すべき栄養素や効能・効果などについてご紹介していきます。

早速、夫にも教えなきゃ(笑)

スポンサーリンク

イワシが薄毛予防に効果がある理由

イワシ缶のEPAが薄毛改善効果

イワシには、EPA(エイコサペンタエン酸)という青魚に含まれる不飽和脂肪酸の1つが含まれています。

このEPAは、柔らかく弾力のある血管にしてくれる効果があり、血液をさらさらにしてくれます。

特にイワシは回遊魚ということもあって、エネルギーをたくさん使うために良質なEPAがたっぷりと体内に蓄えられています。

薄毛と血液にどんな関係があるの?と疑問に思うかもしれませんが、これがとっても強いつながりがあるんです。

実は髪の毛の栄養は、血液から補われているんですね。

偏った食事などをしていると、血流が悪くなり髪の毛に栄養が運ばれなくなっていってしまいます。

これが、薄毛や抜け毛を引き起こす原因です。

イワシに含まれるEPAが血管をしなやかに、そして血液をさらさらにしてくれる。
そしてその結果、頭皮の血行が改善され、血液が髪の毛へ栄養をたっぷりと届けてくれて薄毛が改善される、ということです。

メチオニン

髪の毛の成分に、”シスチン””システイン”といった成分があります。これは、アミノ酸成分の1つです。

このシステインを作るために必要なのが、「メチオニン」です。

メチオニンは健康な髪の毛を作るために重要な役割を持っているのですが、メチオニンが不足することで”抜け毛””薄毛”の原因になってしまうんです。

特に、目を酷使したり、お酒を飲んだりするとメチオニンは大量に消費されてしまい、体内で不足してしまいます。

メチオニンは、こまめに摂取したい栄養成分なんです。

髪の約99%以上はたんぱく質で作られていて、残りの1%はメチオニンです。

亜鉛

髪の約99%以上はたんぱく質で作られていて、そのたんぱく質のこと”ケラチン”と呼びます。

亜鉛は、髪の毛の成長ホルモンの分泌や、たんぱく質の代謝を助ける働きがあります。

 
メチオニンと亜鉛が含まれているイワシは、髪の毛の成分を補ったり、頭皮の環境を改善したりと、髪の毛にとって嬉しい成分がたっぷり含まれた食材、ということですね。



イワシの缶詰で簡単に栄養を摂る

EPAは熱に弱い

実は、EPAは熱に弱いという特徴があります。

焼き魚や煮魚にするとEPAの効果は半減してしまうので、生で食べるほうがいいです。

でも、いつも生で食べるためには新鮮でないとならないし、いつもいつもでは大変ですよね。

そこでおすすめなのがイワシのつみれ汁。
イワシのつみれ汁であれば、調理中に落ちた脂も汁と一緒に摂ることができます。

イワシの缶詰が1番EPAを効果的に摂取できる

何と言っても今ブームの缶詰ですよね。イワシの缶詰もスーパーに並んでいます。

そして、イワシを手軽に食べられるのが缶詰です。

イワシの缶詰は、生のイワシを缶詰に入れてから加熱処理をするので、EPAが含まれている脂はそのまま缶の中に閉じ込められています。

ですから、食べるときにはイワシ以外の汁もしっかり食べるようにしましょう^^

イワシの缶詰200gあたりに、EPAは5000mg以上(いわし5匹分)含まれていて、これは生のイワシの約3.5倍のEPAが含まれていることになります。

肉の脂はEPAの効果を半減させる

1日に摂る脂の中で、EPAの比率を多くすることがイワシで薄毛予防をする重要なポイント。

動物性の脂や、植物性の脂などを摂りすぎてしまうと、魚の脂の比率が少なくなってしまい、薄毛解消の効果は半減してしまう恐れがあります。

髪の毛に必要な栄養をスムーズに運べなくなってしまいます。

イワシのEPA、1日の摂取量の目安は?

EPAの推奨摂取量は1日1000mg。これはイワシ1尾分です。

イワシの缶詰であれば、1缶で5尾分のEPAを含んでいますからやっぱり手軽ですね。

イワシには、イワシペプチドというたんぱく質に含まれている成分があります。

イワシペプチドに多く含まれるバリルチロシンには、血圧を下げる働きがあり、高血圧を抑制する効果が期待できることが分かっています。

イワシ缶詰で薄毛芸人わが家坪倉さんも毛が生えた!

薄毛芸人でおなじみ?のわが家の坪倉さんが、イワシの缶詰を食べ続けて薄毛解消へ挑戦しました。

1日1缶を2週間食べ続けた結果、

血管年齢 54歳 → 36歳 (実年齢41歳)
血中のEPA 27㎍/mL → 622㎍/mL (EPA基準値10.2~142.3㎍/mL)

もともと血管年齢は実年齢より老けていて、EPAの基準値には入っていますが低め。
それが大きく改善を果たしました!

本人も、

・髪の毛が増えた感じがする
・髪質が健康的になった気がする
・続けていこうと思う

と実感されていました。

ということで、坪倉さんはイワシ缶生活継続!となりました^^
食べ続けることで、しっかり髪の毛が生えてくるのか検証です。

わが家坪倉さんが80日イワシ缶を食べた薄毛改善効果は?

2月18日の名医のThe太鼓判で、坪倉さんがイワシ缶を80日間にわたって食べ続けた結果、薄毛の改善はどうなったのか?放送されます。

予告だけでも、地肌が見えていた頭頂部がだいぶ黒くなってきていたのが分かりました。

かなり改善効果があるって感じですね。放送が楽しみです。

1日の抜け毛の正常範囲は100本~150本

番組では、抜け毛が気になる女性にイワシの缶詰を食べてもらい、抜け毛改善ができるか調査していました。

1日の抜け毛の正常範囲100~150本に対し、お風呂で髪の毛を洗っただけで166本の抜け毛があった50歳の女性。

イワシのサンドイッチなどイワシ缶をアレンジして食べていました。

2週間イワシ缶詰を食べ続けた結果

血中のEPA 87.3㎍/mL → 316.5㎍/mL 

とおよそ4倍と数値が上昇!



薄毛予防におすすめのイワシの食べ合わせ食材

イワシ×ナッツ

栄養面と味と両面から考えたときにおすすめな組み合わせが、イワシとナッツだそうです。

パン粉の代わりに細かく砕いたナッツを衣にして油で揚げた『イワシのナッツ揚げ』がおすすめメニュー。

Cpicon イワシのアーモンドフライ by Yoko☆☆

【材料】

  • 真鰯 4尾
  • アーモンドスライス 1袋
  • 酒 50ml
  • 塩 ひとつまみ
  • コショウ 少々
  • 小麦粉 大さじ5
  • 卵 1個
  • マジックソルト 小さじ1
  • オリーブオイル   大さじ3

【作り方】

  1. 真鰯の頭とお腹を取り除き、背骨を取りながら開く。開いたイワシに酒をかけ、20分間漬け置きにする。
  2. キッチンペーパーで水気をとり、塩コショを振りかける。
  3. アーモンドスライスを、袋に入った状態で、上から軽く圧し潰す。
  4. 小麦粉、溶き卵、アーモンド、の順番に衣を付け、マジックソルトを振りかける。
  5. オリーブオイルをひいたフライパンを、弱めの中火で加熱し、(4)を焼く。両面黄金色になるまで焼いたら、完成。

EPAのサプリメントを利用する

いくらイワシがいいとわかっていても、毎日だと苦痛になってしまったり、残念ながらイワシが嫌いな方もいますよね。。。

他の青魚にもEPAは含まれているので、そちらを代用して食べるのも可能です。

そして青魚を食べる方法以外で、サプリメントを利用する方法もおすすめです。なんといってもお手軽ですからね。

▼「主治医が見つかる診療所」岡部医師が監修した本物サプリメント


青魚のEPAを濃縮したサプリメント

▼機能性表示食品 高めの血中中性脂肪を低下させるサプリ


さかな暮らし

銚子はイワシの水揚量が全国1位!漁師さんにハゲはいない?

千葉県の銚子はイワシの水揚げ量が全国1位の漁港です。

もちろんイワシを良く食べているでしょうから、「銚子の漁師にハゲはいない」とまで言われるくらいです。

しかも、銚子にはこんな駅名の駅まで(笑)

View this post on Instagram

ハエルカナ(^^)

ken yamashitaさん(@yamaken650)がシェアした投稿 –

実際に、テレビでは番組では三重県鈴鹿市の白子漁港の漁師さんを調査していました。

皆さん髪の毛がふさふさ。

普段から食卓には、イワシのお刺身やらなめろうなどが並んでいて、イワシ率が高いんです。

薄毛と血管、そしてイワシの効果を確かめるために、漁師さんたち4名の血管年齢を測定。

特に驚きなのが、最年長だという89歳の漁師さんの血管年齢が、48歳という結果に!!

EPA基準値10.2~142.3㎍/mLなのに対し、4名の結果は

Aさん 年齢:89歳 EPA:141.8㎍/mL
Bさん 年齢:64歳 EPA:122.3㎍/mL
Cさん 年齢:36歳 EPA:92㎍/mL
Dさん 年齢:60歳 EPA:98.4㎍/mL

という、皆さん高い数値になりました!

まとめ

イワシの栄養成分「EPA」が、薄毛改善効果に期待できるということが分かりました。また、「メチオニン」と「亜鉛」も薄毛予防に欠かせない成分です。

2週間イワシ缶を食べ続けるだけで、髪の毛が生えてきた、健康的になったということなので、薄毛や抜け毛に悩む方にはぜひおすすめです。

今回、薄毛予防にスポットを当てて紹介しましたが、髪の毛の栄養が良くなるということで、当然髪の毛がふさふさになる以外に、髪の毛を美しくしたい方にもイワシはおすすめです。

また血管年齢を若くして健康的になることから、薄毛じゃなくてもイワシは健康食材といえますね。

薄毛の原因として、以前当ブログでも取り上げた「ゴースト血管」という可能性もあります。ゴースト血管とは、血行不良によって毛細血管がいつの間にか消えてしまう現象のこと。

髪の毛は毛細血管とも関係が深いんですよ~。毛細血管にはスパイスも効果があるんです!

毛細血管にスパイスが効果あり?ヒハツやシナモンがいいって本当?
毛細血管がスパイスで強化できる!消えた毛細血管を再生できる!それって本当?ヒハツやシナモンが毛細血管に与える効果について調べました。ほかにもガッテンで紹介された毛細血管を強化するスキップなど。

コメント