十五夜と中秋の名月には違いがあった!満月とは限らないって本当?

季節の行事
スポンサーリンク

秋の代表的な行事といえば・・・?

ここ最近ではハロウィンなどのイベントが目立ちますが、
日本古来から続く行事に「中秋の名月」という良き風習がありますよね。

中秋の名月にはお月見をする十五夜のことでもあり、
お団子をお供えしたりススキを飾ったりして過ごします。

ところで、中秋の名月と十五夜って同じことだと思っていませんか?

実は同じようで違うんです。

そこで今日は、中秋の名月と十五夜の違い
月の関係についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

中秋の名月と十五夜の違いは?

中秋の名月、十五夜では、
お団子や里芋お供えしたり、ススキを飾ったりして
月を眺め収穫の感謝を祈ります。

中秋の名月とは、
旧暦でいうと秋の真ん中の日でもある「8月15日の夜の月」のことを指していいます。

現在使われている新暦は、太陽が基準となっていますが、
旧暦は、月の満ち欠けが基準でした。

ですから、現在とは1ヶ月ほど、季節のズレがあるわけです。

ちなみに、2019年の中秋の名月は9月13日(金)です。

 
では、十五夜の意味はというと、旧暦15日の夜を指します。

月は、新月から始まり、満ち欠けをして満月になります。
そしてまた新月となります。

新月から満月になるまで、15日間。
15回の夜を越して満月になることから、十五夜と呼ばれているんです。

中秋の名月は年に1度、8月15日の夜だけのことを意味しますが、
十五夜は、毎月1回の割合で迎えているということになります。

ですが、現代では十五夜=中秋の名月という感じで
イメージする方も多いと思います。

なぜ、十五夜というと中秋の名月をイメージし
この時期にだけお月見をするのかというと、

この時期の空は空気が澄んでいて、
月がはっきりと見ることができるからだと言われています。

また秋に見上げる月の高さが、一番いい角度で眺めることができた、
という説もあります。

中秋の名月は満月とは限らない!

十五夜というと、イラストなどでも描かれているように
まん丸い満月を見上げているといったイメージが強いんですが、

実は中秋の名月(十五夜)では、
必ずしも満月ではないとご存じですか?

中秋とは、秋の真ん中の日と言う意味で、旧暦の8月15日のことである、
ということは理解していただいてますよね。

中秋の名月は、旧暦8月の満月の日ということではありません。

旧暦の8月15日の夜のお月様と決まっています。

ですから、新暦で9月上旬~10月上旬に中秋の名月があったとしても、
それは旧暦換算すればみんな8月15日に当たる、ということです。

そして、満月と中秋の名月が一致しないのは、
新月から満月までの日数が14日間~16日間と日数に差があって
1日または2日ずれることがあるからです。

満月に合わせて中秋の名月があるのではないので、
満月ではないこともあるんですね。

旧暦ではその差を、1ヶ月を29日にしたり、30日にしたりして調整していたため、
十五夜の月より十六夜の月とか十四夜の方が、より満月に近かったりすることもあるわけです。

ちなみに2019年では、9月13日が中秋の名月、翌日の9月14日が満月といったように
中秋の名月と満月の日付が1日ずれています。

中秋の名月が満月になるのはいつ?

では、中秋の名月が満月になるのは
いつでしょうか?

ここ最近では、

  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年

と、なんと3年連続で満月でした。

そして、次に中秋の名月で満月を迎えるのは、
2021年9月21日です。

さらに、

  • 2022年9月10日
  • 2023年9月29日

と3年連続して中秋の名月が満月の日が訪れます。

今年の中秋の名月は満月ではありませんが、
ほぼ満月に近い状態ですから
あとは当日のお天気が良くなるように願うばかりですね。

中秋の名月の別名は?

さて、中秋の名月には、「芋名月」という別の呼び方もあるんです。

これは、中秋の名月にあたるこの時期が里芋の収穫期の始まりにあたり、
出始めの里芋を煮たり、蒸したりしてお供えすることから「芋名月」と呼ぶことがあります。

この里芋をお供えする習慣は実は一般的で、
少なくとも室町時代までにさかのぼるものとも言われています。

ちなみに、旧暦の9月の十三夜では枝豆をお供えする習慣から「豆名月」、
栗をお供えする場合もあるので、「栗名月」と呼ばれることもあります。

中秋の名月、仲秋の名月の違いは?

中秋の名月と同じ呼び名で、「仲秋の名月」という言葉があります。

同じことだと思っている方も多いですが、実は別の意味の言葉です。

中秋の名月が秋の真ん中を指す言葉に対し、
仲秋の名月は、旧暦の8月を「仲秋」と呼んだことから
旧暦の8月に見えるお月さますべてを指す言葉です。

まとめ

中秋の名月、十五夜違いについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

中秋の名月と十五夜の言葉の違いをあまり気にせずにいましたが、
かなり大きな意味の違いがありましたね。

また、中秋の名月が満月とは限らないということを知らない方も多かったのではないでしょうか?

昔の人も今私たちが見ている同じ月を見て、
お供え物をし、収穫の感謝をしていたと想像すると、
とても感慨深いですね。

コメント