コバトンのフォレストアドベンチャー!駐車場や遊具など徹底紹介!

公園
スポンサーリンク

埼玉県越谷市にあるアスレチック公園、しらこばと水上公園コバトンの森エリア「コバトンのフォレストアドベンチャー」は、1日遊べるスポットです。

スポンサーリンク

コバトンのフォレストアドベンチャー 基本情報

所在地:埼玉県越谷市大字小曽川985
利用時間:
料金:無料
駐車場:有り(夏期のプール開園期間中は有料)
トイレ:有り
食べ物持ち込み:可能

コバトンのフォレストアドベンチャーの主な遊具や設備

遠くからでも分かる、とにかく大きなアスレチックに子供も大人も大興奮間違いなし!

色々な公園に行っていますが、自信をもっておすすめできる公園の1つです。無料で遊べるこんなに大きなアスレチックは、あまりみかけませんね!

巨大なアスレチックスペースの「コバトンの森」、小さい子向けの幼児遊具スペース「にぎわいの水辺」、タワーネット、ターザンロープなどがあります。

その他、ものすごく広い芝生広場、1周1500mのジョギングコース、有料の多目的グラウンドなどもあります。

コバトンの森エリア(対象年齢6歳~12歳)

コバトンの森エリア側、メインの大きなアスレチックは、対象年齢6歳~12歳です。

大人気の長~いローラー滑り台

コバトンの森の目玉の1つ、長いローラー滑り台。混雑時は、滑り台待ちの列ができています。

滑り台の滑り口へは2つの行き方があるんですが、うまく譲り合って交互に進んでいるのが印象的。たま~に小さい子がサラッと横から割り込みしているのも見かけますが(笑)

ある程度の高さのところまでは、しっかりと囲いがあるので子供がふざけて落下などの心配もなさそう。保育園、幼稚園くらいの子は大人が一緒に滑ってあげてくださいね。

ロングトンネルにも挑戦!

下から見ていてもゾッとしちゃう高さ。一度くぐったら前へ進むしかありません!

子供たちが、「ずっと体を曲げてるから腰がつかれる!」と騒いでいました。たしかに辛そう~!

ロングトンネルの出口は、ローラー滑り台の滑り口です。

靴を落とす子もいるので、遊ぶときには注意。下にいるほうも上から物が落ちてこないか注意しましょう。

いろいろな滑り台

割と急な角度の滑り台。コバトンの森の滑り台のなかで、一番スピードが出るタイプかもしれません。アスレチックの端っこにあるせいか、混んでいても割とスムーズに滑ることができているような気がします!

ねじりすぎー!な滑り台。中はどうなっているのか・・・。大人が滑ったら、途中で詰まってしまいそう。

これ以外にも、色々な滑り台があちこちにあります!

ターザンロープ

ターザンロープも子供に人気ですね!スタートがちょっと高めなので、低学年の子はパパママの手が必要かもしれません。高さがあるので落下に注意です。

タワーネット

ここ最近、あちこちの公園で見かけますね。高さがあるので、見ているだけでぞわぞわしてしまいます。一応、下はクッション性のあるゴム素材の地面ぽくなっています。

幼児用遊具スペース「にぎわの水辺」対象年齢3歳~6歳

幼児用遊具スペースは「にぎわいの水辺」と名付けられています。対象年齢は3歳~6歳。

小さな子も思いっきり楽しむことができます!


のぼったり、滑ったり


バランスを取りながら渡ったり


これは「ゆらゆらシップ」。名前の通り、ゆ~らゆ~らと揺れますが、大人の力も必要です(笑)

トイレ

駐車場の脇と、遊具の近くと2か所にあります。数はありませんが、きれいなトイレです。おむつの交換台もあります。自動販売機も両方のトイレの脇に設置されていました。

コバトンの森で遊ぶときのポイント

日よけグッズは必須


ほぼ日陰なしと考えておいたほうがいいです。冬場はポカポカして気持ちがいいですが、春以降は日差しが辛いです。できればポップアップテントなどの簡易テントを準備していくことをおすすめ!

テントがなければ、日傘や帽子などを準備しておきましょう。

遊び道具を持っていこう

芝生エリアもとっても広いです。近所の公園ではやりにくいボール遊びも思いっきりできます。周りに木もないので、凧揚げをしている親子も見かけます。

せっかくなので、アスレチックだけではなく広い場所でないとできないような遊び道具を持ってきてはどうでしょうか?

子供には目立つ色の洋服

混雑していると、子供を簡単に見失います。広いので、一度見失うと見つけるのが一苦労。

小学校低学年くらいの子には、目立つ色の服を着せておくと見つけやすいと思います。

しらこばと水上公園コバトンの森へのアクセス

車の場合

しらこばと水上公園コバトンの森の駐車場は、「第二駐車場」です。

入り口が非常にわかりにくい!上の地図の赤いマークのところが入り口です。第二駐車場へはここからしか入ることができません。

100台くらいの駐車場ですが、混雑時は満車になります。その場合は、「第一駐車場」を利用してください。第一駐車場からは少し歩きます。

駐車場は基本的には無料ですが、夏期のプール営業期間中は有料になるそうです。

電車の場合

「東武スカイツリーライン越谷駅」または「東武アーバンパークライン岩槻駅」で下車。

朝日バスで「水上公園入口」を下車 徒歩10分

夏期プール営業期間中は、東武スカイツリーライン北越谷駅、東武アーバンパークライン浦和美園駅から、しらこばと水上公園直通の臨時バスが運行されています。

コメント