めまい体操のやり方と効果!めまいの改善や予防、セルフチェック

健康
スポンサーリンク

全国で約280万人もの人が悩まされているという「めまい」。特に女性に多いといわれ、気圧の変化などでも影響を受けやすい病気です。

めまいにの原因の大半は耳にあることがほとんど。

起き上がる、寝る、寝返りをする、上を向く、下を向く、など、頭の位置を変えた時に瞬間的に起きるめまいである「良性発作性頭位めまい症」が大半を占めています。

また、加齢によるふらつきも増えています。

こういっためまいは、平衡訓練を行うことで改善されることもわかっています。

今日は、めまいの予防や改善に効果がある「めまい体操」を中心に、めまい予備軍のセルフチェック方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

めまいの原因と症状

めまいの原因

まず、気になるのが「めまいの原因」ですね。

めまいの大半を占めているといわれる「良性発作性頭位めまい症」の原因は、耳の内耳にあります。

内耳には、体のバランスを取っている三半規管、内耳石というものがあります。ここに問題が起きると『めまい』となって症状に現れます。

内耳石には、直径0.01㎜ほどの耳石というものが1万粒ほどくっついています。その耳石の一部が剥がれ落ち、三半規管の中へ入リ込み強く刺激を与えます。小さな耳石が塊になり、頭を動かすことで一緒に動いてしまうことで、めまいの主な原因といわれています。

めまいの症状

耳が原因の場合、

グルグル回る感じがする
フラフラする
フワフワする
立ちくらみ
血の気の引くような感じ
歩くときにふらつく
耳鳴り
耳のつまり
吐き気
冷や汗

といった、ふらつきなどのめまい以外に、耳の症状や吐き気などの症状が伴うこともあります。

また、脳が原因となるめまいの場合は、手足のしびれ、ろれつがまわらない、物が二重にみえる、激しい頭痛、意識障害などがみられることがあります。一刻も早く病院へ行く必要がありますね。

めまい予備軍?セルフチェックのやり方

将来、めまいを起こす可能性があるかどうか『めまい予備軍』を簡単にチェックできる方法があります。

  1. 両手を前に出して目をつぶる
  2. その場で足踏みを50回行う

最初とほとんど変わらない位置であればセーフ、足踏みをしているうちに、上下左右に大きくズレていった場合は『めまい予備軍』です。

めまい体操でめまいの予防改善

めまいは、めまい体操を行うことで予防改善が期待できます!

耳の三半規管は、目や足と密接に関係しています。
バランスの司令塔である小脳を鍛えるもので、目と耳と足の裏を有効に刺激して三半規管の機能を高めます。

三半規管(耳)のトレーニング

  1. 利き手の腕を前に伸ばして親指を立てます。
  2. 親指の爪から目を離さないようにして、首を左右に30度ずつ振ります
  3. 次に、上下に首を動かします。

この時、目が指の爪先から離れてしまうようであれば、三半規管の機能低下の可能性が考えられます。

寝転がり運動

  1. あおむけに寝て10秒間そのままでいます。
  2. つぎに右を向き10秒
  3. もう一度正面に向き直し10秒
  4. 左を向き10秒
  5. 最後に正面を向き10秒間

小脳のトレーニング

バランス感覚の司令塔である小脳を鍛えるトレーニング方法。最初の三半規管のトレーニングに似ていますが、ちょっとやり方が違います!

  1. 利き手の腕を前に伸ばして親指を立てます。
  2. 頭を動かさないよう、前に出していない方の人差し指をアゴに当てておきます。
  3. 伸ばした利き手を左右に30度くらいずつ動かします。
  4. 頭は動かさないようにして、目だけで伸ばした親指の爪を追いかけます。
  5. つぎに腕を上下に動かします。同じように目だけで親指の爪を追いかけます。

このトレーニングで、目で指先を追いかけずらいと感じる場合は、小脳の機能が低下している状態だと考えられます。

めまい治療の第一人者、横浜市立みなと赤十字病院の新井先生

今回ご紹介しためまい体操は、横浜市立みなと赤十字病院の耳鼻いんこう科 めまい・平衡神経科の新井先生が考えられた体操です。

全国で約20万人ものめまい患者を改善させてきたともいわれています。

連日、先生のもとに多くの患者さんがいらしたり、問い合わせがあるそうですが、全ての患者さんに対応することは当然難しいです。

そんな中で新井先生は、受診をしたいけど出来ない患者さんたちのために、先生が教えているめまい体操を様々な方法で公開して広めてきました。

めまいは日常生活にも大きく影響を与える病気です。

これまでのように安静にしているのではなく、鍛えることで予防改善することができるめまいが多いそうなので、ぜひめまい体操を実践していきましょう。

今はまだめまいを起こしていなくても、予防効果も期待できます!

コメント