秋田県田沢湖の味噌たんぽ通販・お取り寄せと作り方!ワンハンドグルメ

スポンサーリンク

秋田県で有名な食べ物といえば「きりたんぽ」ですが、今、ワンハンドグルメとして田沢湖周辺で人気なのが「みそたんぽ」です。

田沢湖周辺に観光に行く際には、ぜひ食べてもらいたい一品です。

スポンサーリンク

田沢湖名物みそたんぽとは?

冒頭でもご紹介したように、秋田といえばきりたんぽ。きりたんぽの本場は、大館市になるそうです。

「きりたんぽ」の「たんぽ」とは槍の刃の部分のカバーのこと。

ご飯を木の棒に巻き付けたさに、その形に似ていたことから、「たんぽ」と呼ばれるようになりました。また、この”たんぽ”を鍋に入れて食べるときに切って入れることから「きりたんぽ」と呼ばれるようになったそうです。

今では、総称してきりたんぽと呼ばれています。

そして、このきりたんぽを焼いて味噌を付けたものが「みそたんぽ」ということになります^^

みそたんぽの元祖はたつこ茶屋

みそたんぽの元祖は、田沢湖にある「たつこ茶屋」だと言われています。

みそたんぽってどんな味?

私自身は食べたことがないんですが・・・食べログにとても詳しく感想が書かれていました。

口に入れると、少しだけ焦げた表面の味噌がかりっとした食感、
ほのかに胡麻の風味、そしてもっちり柔らかいご飯が顔を出す。

米どころ・秋田自慢の白米に、
甘めに調えられた味噌の風味が、また素朴で、たまらない。

この味は、愛知県民の私にとっては非常に親しみ深い「五平餅」と、非常によく似た味だ。
あえて言えば、五平餅のタレはより甘めに作る傾向があるかな。

また、みそたんぽの方が棍棒のような形状で、ご飯の層が厚いのに対し、
五平餅は比較的薄く、火の通り方が違うために食感がやや異なる。

食べログより引用

もう、書いてあることを読んでいるだけで美味しいのが伝わってきますよね。

五平餅といえば、2018年前期の朝ドラ「半分青い」でも何度も登場して、爆発的な人気になりました。

秋田だから当然お米は美味しいでしょうし、東北というちょっと味の濃いめな味噌。
う~ん、たまらないですね^^

みそたんぽのお取り寄せ情報

みそたんぽの作り方

味噌たんぽ

【材料】

  • きりたんぽ(真空パックのもの)4本
  • 味噌(できれば秋田味噌か白味噌)40グラム
  • 砂糖40グラム
  • 酒・みりん少々(小さじ1程度)

【作り方】

  1. パックのきりたんぽの穴に割り箸を入れ、軽く水でぬらし、ラップをかけて電子レンジで2分あたためます。
  2. 鍋に味噌、砂糖、みりん、酒を入れて弱火にかけて、木べらで練る。
  3. 鍋に味噌、砂糖、みりん、酒を入れて弱火にかけて、木べらで練る。

Cpicon 味噌たんぽ by マリチャン

コメント