紅葉「もみじ」と「こうよう」楓(カエデ)の違いは?

雑学
スポンサーリンク

紅葉とかいて「こうよう」とも読むし「もみじ」とも読みますよね。

なぜ?

何となく普段の生活では、この2つの読み方をうまく読み分けているんですが、この2つは両方同じ意味なのか、それとも別の意味を表しているのか、気になりませんか?

今日は、紅葉(モミジ)と紅葉(コウヨウ)の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

紅葉の「モミジ」と「こうよう」の読み方の違いは?

紅葉を「こうよう」と読む場合は、秋に野山の木々(落葉樹)が冬に備えて落葉する前に紅や黄色に葉の色が変わること、変わった状態を総称していいます。

漢字の意味そのものですね。

では、紅葉を「もみじ」と読む場合にはどうでしょう。少し詳しく見てみましょう。

もみじの由来

「もみじ」という言葉は、草木の色が黄色や赤に変わることの意味で使われる「もみず」に由来していると言われています。

その連用形の「もみじ」が、草木の色が黄色や赤に変わることの意味の名詞として定着したと考えられています。

では、もみじの由来となった「もみず」の語源ですが、染め物の「揉み出づ(もみいづ)」が有力とされています。

染物の紅花染め。

紅花染めには、ベニバナの花びらを使います。ベニバナの花びらには紅色と黄色の2種類の色素が含まれているのですが、これを真水につけて揉むと、まず水溶性の黄色い色素を「揉み出す」ことができます。

この揉みだした黄色い色素を、次にアルカリ性の灰汁(アク)に入れて揉み出すと、一気に鮮やかな紅色に変化するんだそうです。

この紅花から由来すると考えると、もみじが赤葉ではなく紅葉となったのは、何だか納得がいきますね。

「こうよう」と「もみじ」の違いを簡単にまとめると、

  • 「こうよう」は、草木の色が、黄色や赤に変わることや、変わった状態のこと。
  • 「もみじ」は、黄色や赤に変わった草木のこと。

ということになります。

もみじとかえでは違うの?

一般的に「カエデ」のことを「もみじ」と言っているように感じますが、上の説明通りで、黄色や赤に変わった草木をまとめて「もみじ」と呼んでいます。

カエデは、そのもみじと呼ばれる黄色や赤に変わった草木のうちの1種類に当たるんです。

かえでの由来

ついでに、カエデの由来も調べてみました。

カエデの葉を、カエルの手に見立てて「カエルテ」。そこから読み方が縮まって「カエデ」になったというのが有力な説です。

紅葉(もみじ)と紅葉(こうよう)、楓(カエデ)の違いは?のまとめ

もみじとこうようの違いは理解できましたか?

もみじは、紅葉した葉っぱの総称、こうようは、葉が色づく様子や状態のことを言い表しています。

また、もみじに関連して、もみじとかえでの違いについても触れてみました。

もみじは、上記同様、紅葉した葉っぱの総称であり、かえではその紅葉した葉の1種類であることが分かりました

日本語って難しいですね。そして奥が深いです。

でも、真っ赤に色づいた紅葉は何ともいえない美しさですよね。日本の美しさを感じます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学生活
mika1028をフォローする
スポンサーリンク
雑記-ZAKU-ZAKU

コメント