お歳暮っていつからいつまでに送ればいい?マナーって知ってる?

季節の行事
スポンサーリンク

12月といえば、クリスマスだけではありません。

1年間お世話になった方々に、感謝の気持ちを込めて贈り物をする『お歳暮』を送るのもこの時期です。

お歳暮とは言うけれど、「年末に送るもの?」「誰に贈ればいいの?」なんて、意外とマナーやしきたりを知らなかったりしませんか?

今日は、お歳暮についてバッチリ調べてきましたので、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

お歳暮とは?

お歳暮とは、文字通り「歳の暮れ」のことです。

本来は、お正月に玄関先に飾る門松などのように、お正月の神様である”歳神様”をお迎えするためのお供え物になります。

昔は、先方へ直接伺って1年のお礼と年末のご挨拶と一緒に持参していましたが、近年では郵送で贈ることが主流になっていますね。

お歳暮はいつからいつまでに送ればいい?

お歳暮を贈る時期は、新年の準備が始まる12月13日から20日までに贈る、のが正式な作法となっています。

ただ、最近ではデパートなどでの年末商戦の激化で、お歳暮の時期がだんだんと早期化してきているところもあり、早いと11月末くらいから贈るところもあるようです。

会社同士でのお歳暮のやりとりでしたら、早めでも印象は良いかと思いますが、普通のお宅へのお歳暮でしたら、本来贈るべき時期にお送りするほうが望ましいですね

地方によって贈る時期がちょっと違うことも

たとえば、関東と関西では、贈る時期が少し異なります。

  • 関東では、12月1日から25日頃
  • 関西では、12月13日から25日頃

という感じで、若干異なります。

ですが、基本的には12月13日~12月20日ころまでに贈るのが良いかと思います。あまり歳の暮れ近くにお送りしても、お相手も忙しくしているかもしれません。

ただし、もし生ものを送る予定の場合は、家族や親せきが集まる年末に合わせて贈るほうが良いですね。

期間内にお歳暮を贈りそびれた場合

忙しくて贈るのを忘れてしまった!期間があるなんて知らなかった!

もし、送る時期を過ぎてしまった場合には、年明けに「お年賀」として贈るようにしましょう。

送り状を送る必要があるの?

送り状を送るマナー、知らない人が多いのではないでしょうか?実は私もこんなマナーがあるのかと知ってびっくりしました。

お歳暮を贈るときには、送り状を送るのが正式なマナーとされているんです。ご存知でしょうか?

これは、「何の連絡もせず突然品物だけをを送りつけことは、相手に対して失礼にあたる」ということからです。

そしてこの送り状、お歳暮の品が相手に届く前に送らなければなりません。1年の感謝のご挨拶と、心ばかりの品を手配し送りました、という内容で、品物が到着するのをお知らせするんです。

ですから、お歳暮が届く2~3日前に相手に届くように、送り状を出す必要があります。

とはいえ最近はでは、お歳暮の品物をお店で手配して終わりで、送り状は送らないという方のほうが多いかもしれません。知らない人も多いのではないでしょうか?

お歳暮の意味を考えると、ただ品物を送るだけではなく送り状を送るのも大切ですね。

もし、送り状を送らないとしたら、品物の中に添え状を入れて感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

お歳暮を贈る相手

お歳暮を贈る相手に悩む方が多いようですが、あくまでも「お世話になった人」に贈ります。

これは、自分で「お世話になったから贈りたいな!」と思った方で大丈夫。

気を使って、あの人も、この人も、と贈る必要はありません^^

お歳暮の送り先ランキング

1位 親
2位 親戚
3位 会社関係
4位 お世話になった人
5位 友人

意外にも、お歳暮の送り先の1位は、親なんだそうです。

離れて暮らしているとか、共働きで親に世話になっているとか、本当に感謝の気持ちを込めて贈っている方が多いんだそうです。

私は普段からどちらの両親とも何かと顔を合わせる機会が多いので、お歳暮を贈るなんて考えたこともなかったので、お恥ずかしい限りです^^;

2位の親戚には、祖父母も含まれます。結婚などで始まった親戚づきあいなどからお歳暮を贈るようになることも多いですね。

3位の会社関係ですが、普段お世話になっている上司へ、部下から贈るのが多いようです。しかし、最近ではコンプライアンス(法令順守)上「贈答禁止」とするところが増えてます。

贈る前によく確認をしたほうがいいですね。

贈る相手が喪中だった場合

お歳暮を贈ろうと思った相手が、喪中だった場合について。

お歳暮は、お祝い事などではなく、感謝の気持ちを伝える贈り物なので、喪中でも送っても大丈夫です。

ただし、四十九日前後に当たる場合には、「御仏前」もしくは「御霊前」として贈るようにします。

また、お相手が大切な方を失くして、まだ落ち込んでいられる場合には、年が明けてから「寒中見舞い」として贈るようにしても良いです。

自分自身が喪中の場合

自分自身が喪中の場合は、ちょっと変わってきます。

特に四十九日を迎えていない場合は、贈り物を控えたほうがいいと考える方もいます。喪が明けていない間の贈り物は、相手に穢れ(けがれ)を送ることになると考える場合があるからです。

四十九日を過ぎている場合には、紅白の水引はかけず、白無地の奉書紙か無地の短冊を使って「お歳暮」として贈ります。

お歳暮の相場は?

贈りたいものを贈ることが、感謝の気持ちだとは思いますが、

一般的に、お歳暮の相場は3,000~5,000程度となっています。

普段から親しくお付き合いしている人とか、いつも素敵なものを贈ってくださるとか、そういった方には5,000円ほどする贈り物を選んだり、

遠方で会えないけれど、感謝の気持ちを伝えたいという場合には3,000円くらいとか・・・

お付き合いの程度によって、多少変動しても大丈夫です。

お歳暮に贈るものは何がいい?

贈り物をするときって、悩みますよね。
相手の好みなどが分かっていれば、なんとなく選ぶポイントがあるのですが。

皆さんがどんなものをお歳暮に選んでいるのかを調べてみました。

  • コーヒー専門店のコーヒー
  • お取り寄せで話題のスイーツ
  • ふわふわなブランドタオル
  • 高級缶詰

といったものを贈る方もいました。

コーヒーなどは、相手の好みがわかっている場合に贈ることができますね。私もコーヒー好きなので贈られたら嬉しいです^^

また、最近よく今治産のタオルを贈り物で贈る方も多いですよね。

タオルって、どこの家でも必ず使うのであっても困らないです。しかも高級タオルなんて自分ではなかなか買いませんし。わが家は子供も喜びます^^

また、一般的と思われているビールなどのアルコール類。

良かれと思って高いビールを贈っても、実はお相手は糖質を気にして糖質オフのビールしか飲まないとか、細かい好みもあるので注意したほうがよさそうです。

全然何を贈ったらいいか思いつかない、、、といった場合には、油が無難です。

どこの家庭でも使うし、いい油なので普通にありがたいですよね。

お歳暮とお中元との違いは?

お歳暮って冬?お中元って夏?ってことも曖昧な感じな人、多いですよね。私もそうでした。

お中元は、7月初旬から7月15日に贈るのが一般的です。

関西では、8月初旬~8月15日あたりですが、最近では東日本式に合わせて行うところが多くなってきているそうです。

(この辺は地域によっても異なりますので、地域のマナーに従うようにしましょう)

意味合いも、「日頃お世話になっている人へ感謝の気持ちを伝える」ために贈ります。

お中元とお歳暮の両方を贈らなければならないのか、といったらそうではありません。

金銭的に余裕があれば、両方に贈るのは構いませんが、どちらか一方でいいんです。どちらかといえば、1年の感謝の気持ちを伝える「お歳暮」を贈るほうが良いでしょう。

暑中見舞いは贈らないけど、年賀状は贈るのと同じです。

お歳暮っていつからいつまでに送ればいい?マナーって知ってる?のまとめ

こうしてきちんと勉強をしてみると、知らないマナーがたくさんありますね。

送る相手のランキングから見ると、親、親戚、友達、など気心が知れた方に贈るというのも多いようですから、細かいマナーにも気を付ける必要もありますが、楽しんで贈り物するといいですね。贈る相手のことを考えながら品物を選ぶのも楽しいです。

また、相手が気に入ってくれるようなら毎年同じものを贈って印象付けるのもアリです^^

私は小さかったころ、父の会社の方がいつも「東京銘菓のひよこ」を持ってこられていました。わが家の中では「ひよこをくれる人おじさん」という感じで、いつもワクワクしながら待ってた記憶がありますし、今でもこうして印象に残っているくらい印象的でした。

コメント