肌の紫外線ダメージにさつまいもが効果あり!おすすめの食べ方は?

健康
スポンサーリンク

夏が終わりに差し掛かってくると、
お肌がちょっとガサガサ・・・?なんかゴワゴワ?

そんな感じがしませんか?

それ、夏の日差しをたっぷり受けて、
お肌が紫外線ダメージを受けているのかも
しれません( ;∀;)

そして、冬に向けて乾燥も気になりますよね~。

そんな紫外線のダメージを受けたお肌には、
秋に旬を迎える「さつまいも」でリカバーできるんです!

この秋にしっかりと夏に受けたお肌のダメージをケアすることが
とっても大事ですよ。

体の内側からもしっかりとケアをして、冬を迎えたいですよね。

今日は、夏肌の紫外線ダメージに効果のある「さつまいも」について、
どんな効果があるのか、どんな食べ方がいいのか、などご紹介していきます^^

スポンサーリンク

紫外線ダメージにさつまいもはどんな効果がある?

紫外線を浴びると、皮膚に、シミやシワなどお肌の老化を進行させる”活性酸素”が発生します。

その活性酸素が、肌を作る脂質を酸化させてしまうことで
紫外線を吸収したメラニン色素が集まってしまいます。

これがシミをつくる原因になってしまうんです。

また、皮膚の弾力のもとになるコラーゲンなども、
紫外線を浴びることで酸化し、弾力が失われることでシワの原因になります。

そこで、サツマイモです。

さつまいもに含まれている、

  • ポリフェノールでシミやシワを予防
  • βカロチンで老化防止
  • ビタミンCで美肌に

これらの成分が、シミやしわに非常に効果的なんです。

さつまいもに脂肪燃焼の効果!血糖値の上昇も抑えてダイエットにも

ポリフェノール

さつまいもに含まれるポリフェノールの一種、クロロゲン酸やアントシアニン。

クロロゲン酸は、色素細胞にメラニンを作らせる信号を送る部分と、
色素細胞から表皮角化細胞にメラニンを受け渡す部分の2つの動きを
シャットアウトすることで、シミを抑えている可能性が高いことがわかっています。

そして、さつまいもの赤紫色の皮部分に含まれる色素(アントシアニン)には、
抗酸化作用があります。

このポリフェノールで、シミを予防するのはもちろん、
なんとできてしまったシミにも効果的なんだとか~!!

βカロチン

ビタミンAも抗酸化作用がある栄養素のひとつです。

実は、βカロチンは必要に応じて体内でビタミンAに変化してくれます。

特に、秋から冬に旬を迎えるさつまいもは、βカロチンを多く含んでいるので、
ビタミンAを体内に取り入れるには、さつまいもを食べると効率がいいんですよ。

ビタミンC

紫外線を浴びると、シミのもとになるメラニンが作られます。

ビタミンCには、このメラニンが過剰に作られるのを抑える作用があります。

また、紫外線を浴びることで酸化してしまうコラーゲンですが、
このコラーゲンが作られるのを促進するのもビタミンCの働きです。

ビタミンCには抗酸化作用もあるので、
活性酸素の働きを抑えることで、お肌の老化防止にもなります。

しかも!本来ビタミンCは熱に弱いのですが、
さつまいものビタミンCはでんぷんに保護されているので、
熱を加えても壊れにくいんです。

なので、加熱調理をしてもOK!

紫外線ダメージに効率的なさつまいもの食べ方

まず、紫外線ダメージに効果的なさつまいもの食べ方では、
「皮ごと食べる」ことが大きなポイントになります。

皮にたくさんのポリフェノールが含まれていますからね^^

皮を取ってしまうと、栄養も失ってしまうので注意です。

それでは、皮ごと食べるさつまいものおすすめの食べ方をご紹介します。

肌に最強!さつまいものみそ汁

私のおすすめは、さつまいものみそ汁です。

さつまいもが肌に与える効果は、前に説明したとおりですが、
みそ汁にして食べることで、味噌の栄養成分も合わせて取ることができます

さつまいもと味噌の相乗効果で、さらにお肌に良い効果をもたらしてくれるんですよー!

味噌には、様々な栄養成分が含まれていますが、その中の一つ”グルコシルセラミド”

このグルコシルセラミドがお肌に入り込むと、肌のバリア機能がアップします。
そして肌の細胞が活性化されることで、保湿効果がアップすることがわかっています。

【材料】

  • だし汁…2カップ
  • みそ
  • さつまいも…小1/2本(100g)
  • 玉ねぎ…1/4個

【作り方】

  1. さつまいもは皮ごと5mm厚さの半月切りにし、水に10分ほどさらしてアクを抜く。
  2. 玉ねぎは薄切りにする
  3. 鍋にだし汁を煮立て、さつまいも、玉ねぎを入れて煮る。
  4. さつまいもに火が通って柔らかくなったら、みそ大さじ1 1/2~2をとく

さつまいものレモン煮

【材料】

  • さつまいも・・・300g
  • 水・・・500CC
  • 砂糖・・・80g
  • はちみつ・・・大さじ2
  • レモンスライス・・・5枚

【作り方】

  1. さつまいもを輪切りにして、水にさらす
  2. 鍋に水を入れ、砂糖を入れる
  3. サツマイモを入れて、火にかける
  4. 沸騰してきたら、はちみつを入れる
  5. 落し蓋をして15分ほど煮て、レモンを入れてさらに5分加熱
  6. 火を止めてさます

さつまいもを皮ごと美味しく食べる方法

  • さつまいもの正しい洗い方
  • さつまいもは、皮に土がついているので、皮ごと食べるのに抵抗がある方もいるかもしれないですね。

    さつまいもは、軽くこすって水洗いすればきれいになります。

    もし簡単に落ちない土がついているようでしたら、
    少しの間水につけてからスポンジなどでこすってみましょう。

  • アク抜きをする
  • さつまいもはアクが強いので、切ったら少しの間水にさらしてアク抜きをします。

  • ゆっくり時間をかけて調理する
  • さつまいもは、じっくりと火を通すことで甘さが強くなります。

まとめ

夏の肌の紫外線ダメージには、秋に旬を迎えるさつまいもが効果的です。

シミやしわの予防だけでなく、できてしまったシミにも効果があるということなので、
しっかりと食べてお肌のケアをしていきたいですね^^

紫外線でダメージを受けたお肌は、肌の水分が奪われて
乾燥状態にあります。

乾燥がさらに強くなる冬を迎える前に、きちんと肌ケアをして
うるおいを取り戻しておきましょう♪

ヨーグルトで美肌菌を増やす!ヨーグルトパックの作り方と効果は?
ヨーグルトパックで美肌菌が増える!ヨーグルトパックの作り方と効果を紹介!
さつまいもに脂肪燃焼の効果!血糖値の上昇も抑えてダイエットにも
さつまいもの食物繊維には、糖質の吸収を抑制する効果が!さつまいもには脂肪燃焼効果、血糖値の上昇を抑制する効果が期待できます。その理由やさつまいもの効果的な食べ方、レシピをご紹介しています。林修の今でしょ!講座

コメント