生姜ハチミツが肩こりに効果あり!しょうがハチミツの作り方は?

健康
スポンサーリンク

しょうがハチミツに肩こり解消効果が!

ここでは、肩こりに効果があるという「生姜ハチミツ」について調べてみました!

スポンサーリンク

しょうがハチミツが肩こり解消に効果あり!

しょうがの健康効果

ジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロン

しょうがには、「ジンゲロール」「ショウガオール」「ジンゲロン」が含まれていて、これはしょうがの辛み成分でもあります。

もう少し詳しくいうと、ジンゲロールは生の生姜に多く含まれ、ショウガを加熱したり乾燥させ水分が抜けることによってジンゲロールが変化した成分に、「ショウガオール」・「ジンゲロン」が含まれます。

中でも「ジンゲロール」は飛び抜けて脂肪を分解する効果、簡単にいうと”血糖値の上昇を抑制する効果”が高いことが分かっています。

・ジンゲロールの効果

  • 脂肪の分解(血糖値上昇の抑制)
  • 血管の拡張作用
  • 免疫力アップ
  • コレステロール値の抑制
  • 殺菌作用
  • 抗酸化作用

・ショウガオール・ジンゲロンの効果

  • 血管を広げて、血流を良くする
  • 胃腸を刺激して、血流を高める
  • 血流が高まり、体の深部の体温を上げる

また最近の研究では、生姜には、ニンニクやタマネギと同じくらい血液の凝固を防ぐ効果(抗凝血作用)があることがわっています。

動脈硬化の原因である血中コレステロールを減少させること、血圧を下げるなどといった報告も多く、高血圧症や心臓疾患への適用も注目されています。

ハチミツの健康効果

ハチミツには、

  • ビタミン類
  • ビタミンA, B1, B2

  • ミネラル
  • カルシウム,カリウム,鉄,亜鉛

  • ポリフェノール
  • アミノ酸

といった成分が含まれています。

これはほんの一部の成分で、ハチミツには200種類以上もの栄養が含まれているともいわれます。

とっても甘いですが、カロリーは比較的低く、
砂糖と比べて血糖値が上がりにくいのも大きな特徴といえます。

また、ハチミツはカルシウムの吸収力をアップさせる効果もあるんですね。

カルシウムを含む食材をハチミツと一緒に摂れば、カルシウムの吸収力がアップするってことなんですが、今、注目されているのは『はちみつ自体に骨の老化を遅らせる効果がある』ということです。

また、ハチミツは、血行促進だけでなく筋肉の疲労回復の効果も期待できるんです。

生姜ハチミツの作り方

  1. 生姜は薄切りにする
  2. 生のまま保存容器に入れて、はちみつを注ぎ入れる
  3. 1日置いて出来上がり

↓作るのが面倒だな~という人にはこちら^^

ハチミツの効果的な食べ方・摂り方

非加熱のはちみつをそのまま

ハチミツの栄養は、熱を加えると壊れやすくなっています。

おすすめは、非加熱のハチミツをそのまま食べること。

よく、温かい紅茶などにはちみつを入れたりすると思いますが、実は温かい飲み物に入れたりすることは、あまりおすすめできない方法ということです。

100%天然の純粋ハチミツ

ハチミツって、少しだけでも高かったりするんですよね><

ただ、安すぎるのも成分の面で心配があります。

特に、健康のためにハチミツを利用するということであれば、『100%天然の純粋はちみつ』品質の良いハチミツを選ぶほうが、結局は効果が期待できます。

コメント