タケノコに記憶力低下を防ぐ効果!認知症予防や疲労回復にも

健康
スポンサーリンク

2019年4月2日の「この差って何ですか?」では、山菜の健康効果の差としてタケノコが記憶力低下を防ぐ健康効果について放送。

タケノコには、白いカスみたいなのがついていますよね。あれって食べるときどうしてます?

私はあの白いカス、今まで洗い流しちゃっていたんですよ><

ですが、あの白いカスにも大事な栄養効果が含まれていたことがわかりました。

今日は、タケノコがもつ記憶力低下を防ぐ効果や、より効果的に栄養を摂取できる調理方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

タケノコの記憶力低下を防ぐ栄養効果

タケノコは、春から夏にかけてが旬で、その成長は早く土に顔を出したと思ったら約10日ほどで竹になってしまいます。

記憶力低下を防ぐ白いかすチロシン

タケノコを茹でた後や、タケノコの水煮などを縦に半分に切ると、中に白い粉のようなものが付着していることがあります。

実はこの白い粉のような、カスのようなものが「チロシン」という大事な栄養素なんです。

チロシンは、タンパク質に含まれるアミノ酸の一種で、

  • 記憶力低下の予防
  • 代謝をアップし細胞の老化を抑える
  • 脳を活性化させる
  • やる気を起こさせる
  • 集中力を高める
  • 疲労回復やストレスの緩和

といった効果が期待できます。

チロシンが、神経伝達物質のドーパミンややノルアドレナリンの原料となって、脳を活性化させる働きがあるといわれています。

脳が活性化することで、記憶力や集中力が高まるんですね。

さらに、チロシンには認知症やパーキンソン病の予防、ストレスの緩和やうつ病の改善のはたらきや、コレステロール値を改善する効果も期待できます。

老化による記憶力低下の予防だけではなく、勉強での記憶力のアップにも効果があります。

ほかにもチロシンは、甲状腺ホルモンやメラニンの原料にもなります。

チロシンが含まれる食品

タケノコの他にもチロシンが含まれる食品があります。

  • チーズ
  • たらこ
  • しらす干し
  • 落花生
  • 大豆
  • 高野豆腐
  • きな粉

むくみを防ぐカリウムが豊富

カリウムには、ナトリウム(塩分)を体の外へ出す効果があります。

足のむくみをとったり、高血圧を予防する効果も期待できます。

本来、カリウムは水に溶けだしてしまうのですが、タケノコに含まれるカリウムは茹でてもあまり減りません。

ただし、透析をしている場合はカリウムの大量摂取は避けなければなりません。タケノコを100g食べると1日のカリウム1/4を摂取してしまうことになるので注意が必要です。

コレステロールの改善に食物繊維

タケノコの歯ごたえも食物繊維の一種であるセルロースによるもの。

食物繊維には、便秘解消や腸内環境の改善、さらにはコレステロールを体の外へ排出させる効果、血糖値の急上昇の予防、動脈硬化の予防にも役立ちます。

特に、タケノコに含まれるセルロースは不溶性食物繊維で、腸の中で水分を吸収してふくらみ、腸内の動きを活発にして排便をしやすくします。

体をつくるビタミン類

タケノコには、ビタミンB1、B2、B6、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類が含まれています。

タケノコに含まれるビタミン類は多くはないものの、そのバランスの良さが特徴です。

ビタミンB群に分類されるパントテン酸には、エネルギーを生み出す効果や、抗ストレス作用のあるホルモンの分泌を高める効果もあり、ストレス解消にも効果が期待できます。

ビタミンB1は疲労物質の乳酸の分解、ビタミンB2は皮膚や粘膜強める、ビタミンB6は皮膚や髪の健康を維持する、ビタミンCとEには強い抗酸化作用があり、体内で発生した老化の原因や、疲労の原因になる活性酸素をやっつけるなど、非常に重要なビタミン類が含まれています。

記憶力低下の予防に効果があるタケノコの調理法

チロシンを脳に多く取り込む調理法①炊き込みご飯

チロシンは糖質と一緒に摂ることで、脳に多く取り込むことができます。炊き込みご飯はお勧めの料理です。

【材料】

  • 米 3合
  • ゆでたけのこ 250g
  • 油揚げ 1枚
  • A酒 大さじ2
  • Aうす口しょうゆ 大さじ1
  • Aしお 小さじ1
  • A和風だし 大さじ1
  • 木の芽 適量

【作り方】

  1. 米は炊く30分~1時間前(時間外)にとぎ、ざるに上げておく。
  2. たけのこの穂先はタテ半分に切って薄切りにし、根元はいちょう切りにする。
  3. 油揚げは熱湯を回しかけて油抜きし、水気をしぼってタテ2つに切り、せん切りにする。
  4. 炊飯器に(1)を入れ、Aを加え、水を分量の目盛りまで入れる。
  5. たけのこ・油揚げを加えてひと混ぜし、炊き上げる。

また、この差ってなんですか?では、記憶力低下の予防に効果がある「チロシン」をより効果的に摂取できることができる調理法は、「ぶつ切りにした煮物」と紹介しています。

こちらに関しては、この差って何ですかの放送後に加筆します。

タケノコの食べすぎは逆効果!

タケノコの1日の摂取量は?

タケノコは、食べすぎると体に不調をきたすおそれがあります。

タケノコの1日の摂取量の目安は、穂先で1/3程度、根元であれば3cm程度。意外と量はそんなに食べることができないんですね。

あの歯ごたえが好きで、ついつい食べすぎてしまうのですが、気を付ける必要があります。

便秘

タケノコは、食物繊維が豊富で便秘解消にも効果的な反面、食べすぎると逆に便秘になってしまう可能性もあります。

タケノコに含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維なので食べすぎると腸内の便の水分を吸収しすぎて硬く出にくくしてしまいます。

肌荒れ

また、タケノコの食べ過ぎでよく聞くのが「肌荒れ」。

記憶力低下の予防に効果があるチロシンですが、メラニン色素を生成する効果もあるため、食べすぎるとシミやそばかすを多く作る原因にもなります。

また、タケノコのアクで吹き出物が出たり、消化が悪く口内炎ができたりすることもあります。

アレルギー

タケノコに含まれるアセチルコリンという物質が、アレルギーによく似た症状を引き起こします。

タケノコを食べてアレルギーをおこした時に多いのが、口腔アレルギーです。

唇が腫れたり、のどが痒くなったり、タケノコが触れた部分に症状がでます。その他にも、目や鼻などのかゆみ、じんましん、吐き気、下痢などを起こすこともあります。

タケノコ自体の食物アレルギーと、アセチルコリンによるアレルギーに似た症状は見た目ではわかりにくく、断定するには血液検査が必要です。

タケノコの下処理方法

タケノコのあく抜き 基本編

タケノコは、掘って収穫した直後から、どんどんアクが増していきます。丸ごとのタケノコを手に入れたら、まず茹でてしまましょう。

タケノコを美味しく食べるためには、下処理が大切です。

  1. 鍋にたっぷりの水大さじ山盛り2杯程度の米ぬかを加えて溶かす
  2. タケノコを入れ落とし蓋をして弱火で約1時間ゆでる
  3. タケノコに竹串がスーッと通るまでゆでたら、火からおろしてそのまま冷ます
  4. 米ぬかを洗い流して皮をむく
  5. 根元の硬い部分を抜いて、先の部分を落とす

タケノコのあく抜き 時短編

  1. たけのこを適度な大きさにカットしする
  2. 米のとぎ汁を使って弱火で30~40分茹でる

まとめ

1年中スーパーで手に入るタケノコですが、旬は春です。

タケノコについている白い粉のようなものは、チロシンという大切な栄養素だったんですね!

記憶力低下だけではなく、子供の集中力アップや記憶力アップにも効果があるので、家族みんなで食べたいですね。

ただし、食べすぎると逆にあまり良くないので注意が必要です。

タケノコご飯や、タケノコパスタ、筍の煮物などおいしくタケノコの栄養をいただきましょう^^

コメント