この差って何ですか?ご長寿が実践する健康法の差は?9月4日放送

スポンサーリンク

2018年9月4日(火)放送の『この差って何★スゴい100歳!健康長寿の朝食&飲み物の差に渡鬼中田喜子仰天SP』では、

  • 健康法の差
  • お肉の健康効果の差
  • 外国人がわからない日本の差
  • 病気に「なりにくい県」と「なりやすい県」の差

が放送されます。

かしまし娘の次女・正司照枝さんと三女・花江さんがゲストで出演。正司照枝さんは、大の牛肉好きで、85歳になる現在も朝食に牛肉のステーキを食べているんだそう。

今すぐ取り入れられる長寿のヒントが満載です。

▼『この差って何★スゴい100歳!健康長寿の朝食&飲み物の差に渡鬼中田喜子仰天SP』まとめ
この差って何ですか「豚肉・鶏肉・牛肉」の健康効果の差は?
この差って何ですか?病気になりにくい県、なりやすい県のランキング
スポンサーリンク

ご長寿の健康効果の差

かしまし娘、101歳の現役理容師で一人暮らしのご長寿、年の差99歳の玄孫と遊ぶ102歳のご長寿の1日に密着!

ご長寿の1日の過ごし方の差

  1. 朝の過ごし方
  2. 朝食
  3. 昼間の過ごし方
  4. 夕食

1、朝の過ごし方

【現役理容師で一人暮らしをしている101歳のご長寿】
自己流の体操、朝から毎朝10回のスクワット、そして後ろに足をあげて片足バランスも毎朝10回!

立ち商売なので、毎朝自己流の体操で、足腰を鍛えているんだそう。

さらには、手先のグーパー運動、そして足先の指も同時に動かしてグーパー体操。転ばない体作り!布団の上げ下げも自分で!

つまづいたときに踏ん張れて、転倒しにくい体に。老人施設でも取り入れられている!

【年の差99歳の玄孫と遊ぶ102歳のご長寿】
朝から折り紙で「ゴミ箱」を折ったり、色紙で「ツル」を折ったり。

手先を使うことで脳を動かし、ボケ防止に!

⇒特に折り紙は、角や辺を折り合わせる作業が脳の刺激に!老人施設でも取り入れられている!

お医者さんに教えてもらった、指先と指先を合わせてくるくる回す、指体操もとってもスムーズ。

朝から指先を意識した運動を行っている。

【かしまし娘】
三女・花江さん(82) 朝5時にウォーキングへ。

階段を駆け上がる!さらに坂を見つけたら、必ず上る!
⇒普通に歩くよりもおよそ5倍の運動量になる。

シコを踏んでストレッチしたり、朝から2時間の運動!!

2、朝食

【現役理容師で一人暮らしをしている101歳のご長寿】
専門医も絶賛!の食生活

午前8時。

朝食には、「全粒粉」の食パン。
⇒パンだけど、血糖値の急上昇を抑えることができる

毎日「魚肉ソーセージ」を食べている。
⇒血液をさらさらにするEPA、骨粗しょう症予防のカルシウムも含まれている

血液をさらさらにするEPAはマグロとほぼ同等量。

トマト、卵焼き

ココアときな粉をかけた「特製ヨーグルト」

⇒きな粉は大豆から作られているので、カルシウムたっぷり。ココアもカカオからできているのでテオブロミンが脳を刺激する。

【年の差99歳の玄孫と遊ぶ102歳のご長寿】
納豆、ノリの佃煮、

⇒らっきょうは、畑の薬といわれている。食物繊維、解毒作用など無敵の食材。胃を刺激するので、食べるなら3個まで。

【かしまし娘】
三女・花江さんの朝食は、八丁味噌を加えた味噌汁、納豆や山芋を混ぜ合わせた「ネバネバ」、ご飯は「十五穀米」でよく噛んで食べることを意識している。

次女・正司照枝さんは、毎朝、脂身たっぷりの「牛肉のサーロインステーキ」

3、昼間の過ごし方

【現役理容師で一人暮らしをしている101歳のご長寿】
午前10時、家庭菜園

午前11時、理容室の開店準備(なんと80年近くも営業しているんだそう!)

お客さんが来るまでの間に、新聞を音読してボケ防止!

⇒のどの筋肉が衰えるので、声を出すことで喉を鍛える。声を出すことが大事!

75年前に、まちのコンテストで1位を取った腕前。現在も現役でカミソリを使ってお客さんの顔そりまで行っています。手先が震えることもなく、すばらしいですね。

【年の差99歳の玄孫と遊ぶ102歳のご長寿】
仕事中のお母さんに代わって、年の差99歳の玄孫のお世話。

怖すぎる!急な階段を上り下り運動で、筋トレ。よいしょ、よいしょと大きな声を出しながら運動。

毎日、甘酒を飲んで疲労回復

⇒ブドウ糖が多く含まれていて、飲む点滴とも言われている。

月に1度のお楽しみ『エステ』お孫さんが自宅で開いているエステサロンでフェイシャルエステ。

⇒脳に近いフェイシャルエステは、血行を良くして脳に栄養を届けることができる。

【かしまし娘】
三女・花江さん・・・頭を使うことを意識して、麻雀。

4、夕食

【現役理容師で一人暮らしをしている101歳のご長寿】
豆腐、大豆とひじきの煮物、おから、納豆、白飯。

ご飯以外は、すべて大豆を使ったおかずが中心。

朝は魚、昼はお肉、夜は大豆。

⇒大豆イソフラボンは寝ている最中に働きが良くなる。

【年の差99歳の玄孫と遊ぶ102歳のご長寿】
毎日、晩酌に日本酒を飲んでいる。

よく眠れる。

【かしまし娘】
次女、ウイスキーを飲みながら夕食。

夕方5時半に夕食を食べ終えたら、朝の9時半まで食べない。

⇒12時間以上食べない時間を作ることで、アルツハイマーの原因となるたんぱく質を取り除くことができる。

1位 豚肉
2位 豆腐
3位 鶏肉
4位 鮭

この差って何ですか?ご長寿が実践する健康法の差は?のまとめ

ご長寿大国ニッポンを代表する、101歳現役理容師のご長寿、そして99歳も差のある玄孫と遊ぶご長寿の1日の様子から、ご長寿の秘訣を探り出しました。

「ご長寿の秘訣」って結構共通点がありますよね。

たとえば、”肉や魚をよく食べる” ”足をよく動かしている” ”手先をよく使っている” ”お酒を少したしなんでいる”など。

私の実体験でも、80代以上でも、しっかりと自分で歩くことができている方は、見た目もお若く感じますね。そして、前向きな方は”日々イキイキ”しています。

このお二方も、現役の理容師としてお仕事をされていたり、お孫さんと遊んだりして、毎日元気に過ごされています。

食べ物、運動、毎日の過ごし方、すべてが繋がって長寿の秘訣といえますね。

この差って何ですか?2時間スペシャルの出演者

司会

  • 加藤浩次
  • 川田裕美

レギュラー

  • 土田晃之
  • 上地雄輔

ゲスト

  • 岩永徹也
  • 正司照枝
  • 正司花江
  • 中田喜子
  • 遼河はるひ

番組の概要

100歳超えの元気な超健康長寿が実践している健康法の差も考える。
101歳になる現在も現役で理容師を続ける女性と、99歳差の玄孫を含めて5世代7人で暮らす102歳の女性の日常に密着。
すると、朝からスクワット&片足バランス運動、新聞の音読でボケ防止、急階段で筋トレ、晩酌には日本酒などなど、スタジオ初登場のかしまし娘も驚きの健康法が次々に飛び出す!
今すぐ取り入れられる長寿のヒントが満載だ。

コメント