この差って何ですか「豚肉・鶏肉・牛肉」の健康効果の差は?

スポンサーリンク

2018年9月4日(火)放送の『この差って何★スゴい100歳!健康長寿の朝食&飲み物の差に渡鬼中田喜子仰天SP』では、

  • 健康法の差
  • お肉の健康効果の差
  • 外国人がわからない日本の差
  • 病気に「なりにくい県」と「なりやすい県」の差

が放送されます。

スポンサーリンク

この差って何ですか?2時間スペシャルの出演者

司会

  • 加藤浩次
  • 川田裕美

レギュラー

  • 土田晃之
  • 上地雄輔

ゲスト

  • 岩永徹也
  • 正司照枝
  • 正司花江
  • 中田喜子
  • 遼河はるひ
▼『この差って何★スゴい100歳!健康長寿の朝食&飲み物の差に渡鬼中田喜子仰天SP』まとめ記事
この差って何ですか?ご長寿が実践する健康法の差は?9月4日放送
この差って何ですか?病気になりにくい県、なりやすい県のランキング

お肉の健康効果の差

「牛肉」「豚肉」「とり肉」健康効果の差に注目!

牛肉・豚肉・鶏肉の健康効果の差に注目し、専門家を交えて「お肉の健康効果」について学びます。

ポイントは3つ!

  1. どのお肉を食べると良いのか
  2. どの部位を食べるか
  3. どの調理法で食べるか

たった3つのポイントですが、牛肉・豚肉・鶏肉の、どの部位を、煮る?焼く?揚げる?、どうやって調理して食べるかで、健康効果に雲泥の差が出るんです!

目的に合わせて食べることが大事になってきます。

今回注目する健康効果は?

  1. 筋肉量が一番増えて、足腰の衰えを防ぐのは、牛?豚?鶏?
  2. 疲労回復が一番あるのは、牛?豚?鶏?
  3. 体脂肪が一番とれやすくなるのは、牛?豚?鶏?

1、筋肉量が一番増えて、足腰の衰えを防ぐのは・・・

筋肉量が一番増える・・・ということは、やっぱり鶏肉?

ボディビルダーがよく食べているのが、鶏のささ身肉ですよね。筋肉といえば、鶏のささ身肉ですが、実際はどうでなんでしょうか?

鶏肉を食べると、体の筋肉量を増やして、足腰の筋力を保つことができる!

牛肉、豚肉はそれぞれ16gに対し、鶏肉は20g含まれている。

⇒鶏肉には、たんぱく質が多く含まれている。もも肉と胸肉を比較すると、胸肉のほうがたんぱく質の量が多い。もも肉17.3g、胸肉は24.4g。

50代の女性3人に、3週間、それぞれ牛肉・豚肉・鶏肉のお肉を毎日食べてもらい、夕食後に足上げ運動を50回ずつ行ってもらいました。

  • 牛肉・・・実験前と3週間後の筋肉量 0.5㎏増えた
  • 豚肉・・・実験前と3週間後の筋肉量 0.5㎏増えた
  • 鶏肉・・・実験前と3週間後の筋肉量 1.1㎏増えた
【たんぱく質の吸収率があがる料理は?】

たんぱく質の吸収率が上がる料理は、チーズタッカルビです

⇒チーズのビタミンB6が、タンパク質とくっついて腸まで届き、吸収されやすくなるそうです。

2、疲労回復が一番あるのは・・・

ちょうど夏の終わりで、体も疲労をため込んでいる時期ですね。こんな時には、疲労回復効果のあるお肉は?

答えは『豚肉』です。

ビタミンBの含有量、牛肉70㎎、鶏肉60㎎、豚肉は660㎎となんと10倍!!

さらに!食品の中でもビタミンB1が一番多いと言われているのが、豚肉なんだそうです。

中でも、ヒレ肉に多くビタミンB1が含まれています。(バラ肉960㎎、ヒレ肉1320㎎)

豚肉を豚カツにして食べるのが、疲労回復に効果的!衣がしっかりと豚肉をコーティングして、栄養を逃がさないんです。

さらに、ソースの中に「ニンニク」を入れるか入れないかの差で、10倍も効果が変わる?!

ニンニクと一緒に食べなかった場合、水に溶けやすいビタミンB1は、胃の中で溶けてそのまま流れてしまうところ、ニンニクと一緒に食べるとニンニクに含まれる物質と結びつき、アリチアミンに変化し、水に溶けずに体に吸収されます。

3、体脂肪を燃やしたいなら・・・

体脂肪を燃やしたいならL-カルニチンを取るべし!
でもL-カルニチンは「牛豚」「豚肉」「鶏肉」の中で、どのお肉に一番多く含まれているの?

答えは「牛肉」です。

50代の女性3人に、3週間、それぞれ牛肉・豚肉・鶏肉のお肉を毎日食べてもらい、体脂肪の変化をみました。

  • 牛肉・・・実験前と3週間後の体脂肪率 -1.6
  • 豚肉・・・実験前と3週間後の体脂肪率 変化なし
  • 鶏肉・・・実験前と3週間後の体脂肪率 -0.4%

L-カルニチン 豚肉70㎎、鶏肉30㎎、牛肉130㎎

牛肉の中でも、L-カルニチンが多いのがヒレ肉なんです。

【L-カルニチンを取り多く取れる焼き加減は?】

L-カルニチンを取り多く取れる焼き加減は?レア?それとも中までしっかり?

正解は『レア』!

L-カルニチンは熱に弱く、加熱しすぎると壊れてしまうので、レアのほうがしっかり取れる。

番組内容の抜粋

美味しく食べて健康効果を得られる牛肉・豚肉・とり肉の差も取り上げる。
最近では良質なたんぱく質が含まれているお肉をたくさん食べることは、長寿に繋がると注目を集めている。
正司照枝も、大の牛肉好きで、85歳になる現在も朝食に牛肉のステーキを食べているというから驚きだ!
そこで今回は、足腰の筋肉の衰えを防ぐ効果、疲労回復効果、体脂肪を減らす効果を得られるお肉の種類を予想する。
スタジオには、効果的な調理法でつくったお肉料理が登場。
照枝が問題に正解しないとパネラー全員が料理を食べられないという特別ルールだが、問題そっちのけで毒舌トークを繰り広げる照枝は、正解を導きだせるのか!?

公式ホームページより引用

コメント