腰痛改善にAKA-博田法!望クリニックの場所と料金【名医のthe太鼓判】

健康
スポンサーリンク

12月17日の名医のTHE太鼓判では、【腰痛・ヒザ&股関節の痛みを改善SP】が放送予定です。

中でも、腰痛を持っている方が注目するのは、全国からだけではなくなんと海外からも患者さんが訪れるという東京都豊島区の望クリニックの住田憲是先生が行っている治療法「AKA-博田法」ではないでしょうか?

今日は、腰痛改善の画期的な治療法である「AKA-博田法」について調べてみました。

スポンサーリンク

腰痛治療AKA-博田法とは?

AKA(Arthrokinematic Apは、関節運動学的アプローチという意味。1979年ころから、博田節夫(はかたせつお)先生により開発された治療法。

もともとは、関節の動きにくさを治療する目的で研究が進められましたが、この研究途中で「関節の動きが良くなることで、体の痛みが軽減される」ということが発見されたことから、治療法として確立されてきたそうです。

ちなみに、AKA-博田法を用いた治療法は、習得するのがとても難しいそうで、この治療法を行うことが許可されるのは「正規に関節運動学的アプ ローチ(AKA)ー博田法を学び、当医学会の行う試験に合格した指導医」だけとされています。

しかし、ここ最近「日本AKA医学会認定の専門医、指導医」ではないのにも関わらず、AKA-博田法とうたって治療を行っている接骨院や医院が存在するようです。

治療を希望される方は、日本AKA医学会の認定医がいる病院を調べてから行くようにしてくださいね。

▼ご自宅の近くの日本AKA医学会の認定医がいる病院を調べるのはこちら。
日本AKA医学会の公式HP

腰痛の原因は仙腸関節の不具合

AKA-博田法では、腰痛の原因の多くが「仙腸関節の不具合」によるものだと考えています。

仙腸関節は骨盤の中にある、”仙骨”と”腸骨”の間にある関節のことをいいます。

仙腸関節は2mm程度わずかに動くことで、骨や筋肉への衝撃を吸収して、体のバランスをとっているのですが、この仙腸関節が少しでもずれることで腰痛の原因になってしまうのです。

例えば、ぎっくり腰と言われる”急性腰痛症”も、実はこの仙骨仙腸関節がねじれたことが原因で起こると考えられています。

そしてAKA-博田法では、この仙腸関節の動きを改善させることで腰痛を治療します。

治療の仕方は、”仙骨”と”腸骨”の間に指をかけて、関節の隙間を押し広げ、仙腸関節を動かして正常な動きに戻す、という方法なんだそうです。なんだか聞いているだけで痛そうな感じがしますね^^;

ただ、動かすのはほんの数ミリ単位だということで、寝ている間に何をされたかわからないまま治療が終わってしまう患者さんもいるそうです(笑)

以前、「予約殺到スゴ腕の専門外来スペシャル(TBS)」 でも望クリニックの住田憲是先生がご出演され、その際には、寝返りを打つだけでも腰に痛みがあった男性に対しこの方法で治療を行い、あっという間に改善させてしまいました。

12月17日の「名医のthe太鼓判」では、アンジャッシュの渡部さんがその治療を体感されます。約10分の治療で痛みが劇的に改善される治療法を見ることができますよ!

※番組で新しい情報がありましたら、追記していきます^^

その痛みはきっと取れる!

その痛みはきっと取れる!

  • 作者:住田 憲是
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日: 2012-09-06

望クリニックの場所と受診方法は?

腰痛に悩んでおられる方、ぜひ望クリニックの住田憲是先生診ていただきたい!と思う方も多いことと思います。

望クリニックの場所

住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1丁目14 巣鴨1-14-3藤ビルB1F

望クリニックの受診方法

治療は、完全予約制。

電話で問い合わせ、予約を行ってからの受診です。
お問い合わせ、予約電話 03-3942-7886

▼こちらに、初診時のながれについて記載されています(望クリニック公式サイト)
初診時のながれ(AKA-博田法の診療と治療の手順)

予約時間から2時間程度(混雑時はそれ以上)かかるようです。

望クリニックの診療料金

  • 初診料:8,100円
  • AKA-博田法(院長):12,960円
  • AKA-博田法(副院長):9,720円
  • AKA-博田法(セラピスト):7,560円

誰が治療を行うかで、若干料金に違いがありますね。

腰痛改善のAKA-博田法とは?望クリニックの場所や診療料金は?のまとめ

腰痛改善の治療方法「AKA-博田法」についてご紹介しました。

AKA-博田法は、仙腸関節のずれを正しい動きにして、腰痛を改善させる治療法でした。

画像診断でヘルニアなどと診断され、万が一手術しないと治らないと言われた場合にも、一度仙腸関節のズレが原因なのではないかと疑ってほしいということでした。

望クリニックの院長先生自身、昔は、投薬治療や温熱療法による治療を行ったり、手術もしていたそうです。ですが、治療を行っても良くならない状況に疑問を持ち、AKA-博田法という治療にたどり着いたということです。

AKA-博田法がすべてではないでしょうが、セカンドオピニオンなども一般的になってきた社会ですから、そういった意味でも自分の体にしっかりと向き合うということは大切ですね。

望クリニックの先生ではありませんが、同じAKA-博田法を行っている先生の動画です。

コメント